SpeechmakerヘルプPage1Speechmakerヘルプ

SpeechMakerヘルプ

プラムアメージング


の作成者:
スピーチメーカー、 iWatermark, iWatermark + iOSと
スピーチメーカー、 iWatermark, iWatermark + Android向け。
すべてのプラットフォームのアプリプログラミングについてお問い合わせください。
フィードバック–クリックしてアプリの改善に役立ててください。


概要

スピーチの作成、練習、聞き取り、アーカイブ、および提供– Speechmakerは、iPhone / iPadまたはAndroidデバイスをモバイルの表彰台、ノートブック、スピーチのアーカイブ、および人前で話すためのプロンプターにするソフトウェアです。

スピーチに加えて、詩、歌詞、台本、コメディ、講義、説教、演劇などを開催、練習、および読むために使用します。

SpeechMakerは、学生、教師、政治家、監督、詩人、講師、大臣、作家、劇作家、スピーチライター、脚本家、トーストマスター、コメディアン、歌手、俳優に非常に人気があります。 SpeechMakerは、スピーチの作成、練習、聞き取り、および授与に必要なすべての種類の雄弁家に提供します。

オーディオまたはビデオ録画を使用して、重要なスピーチを提供する前に、自分の音を確認して聞いてください。 リズム、スピーチ、詩、講義などの流れを感じてください。

キーワードを検索し、何千もの有名なスピーチの組み込みデータベースでスピーチを見つけます。 SpeechMakerには1000以上のスピーチが付属しており、タイトル、作者、日付、オーディオ/ビデオの録音などの追加情報を含むアーカイブを増やすことができます。

SpeechMakerの機能

  • 一度購入すると、iPhone / iPadまたはAndroidの携帯電話/タブレットの両方で実行できます。
  • 一度購入すれば、家族全員がAppleのファミリーシェアを使用して共有できます。
  • iOS 7およびAndroid向けの美しいUIとフラットなグラフィック
  • Siriにスピーチを口述して、Speechmakerに直接入力します。
  • Siriの音声、性別、言語を大声で使用するオプションを話し、同時に自動スクロール時に強調表示された音声の各行を確認します。
  • DropBox、Google Drive、およびコピーと貼り付けを介してテキスト、rtf、およびpdfをインポートします。
  • 電子メール経由で音声テキストをエクスポートします。
  • DropboxとGoogleドライブを介してオーディオとビデオをインポートおよびエクスポートする
  • オーディオ/ビデオの記録により、スピーチの練習中にフィードバックを得ることができます。
  • プロンプターのように使用して、スピーチを制御、自動スクロールし、より大きな画面に投影します。
  • 36の異なる言語とSiriの音声から選択します
  • ボタンを押すだけで、動詞、名詞、形容詞、および他の品詞が異なる色で強調表示されます
  • 背景色、フォント、スクロール速度、サイズなどを変更して、ドキュメントの外観を制御します。
  • スクロール速度を開始、停止、制御するためのボタンとジェスチャー
  • タッチジェスチャ:
    • ピンチまたはズームしてフォントサイズを変更
    • スピーチの任意の部分を即座につかんで移動する
    • +スクロールを高速化するには、右側をタップします。 スクロールを遅くするには左側をタップします
  • スピーチのタイミングが一目でわかるように、経過時間、残り時間、推定時間が表示されます。
  • Apple TVに接続された、テレビ局、スタジオ、講堂、ポッドキャスター、講堂、演劇用のHDモニターに表示します。

いつでもどこでもスピーチを読み、修正し、与え、再生し、記録します。 ナプキンやインデックスカードのメモに頼る必要はありません。

スピーチを常に持ち歩き、安全でいつでも使用できるようにします。 土壇場で簡単に変更し、スピーチをします。

始めに

以下はSpeechMakerのスクリーンショットです。 iPhoneとiPadの両方で縦向きと横向きのモードで動作します。 2つの主なオプションがあり、ライブモードまたは編集モードのいずれかに入ることができます。

スピーチを与えるためのライブモードまたはスピーチを編集するための編集モード。 すべての異なる機能/設定は、どちらか一方の下にあります。

これらXNUMXつのモード、編集とライブは、SpeechMakerを使用するための鍵です。 どちらかをタップすると、自分が前後に切り替わることに気付くでしょう。

ライブボタンを押して、実際のスピーチまたは練習のスピーチを行います。 ライブモードでは、タイマーを確認し、自動スクロール、音声またはビデオの録音、またはSiriの音声読み上げを聞くことができます。

[編集]ボタンをタップして、音声を編集したり、フォント、サイズ、音声などを変更したり、さまざまなデフォルト設定を変更したりします。

SpeechmakerヘルプPage2Speechmakerヘルプ

ライブモード

スピーチをしたいときはライブボタンをタップします。 下部のナビゲーションバーに、これらのボタンが左から表示されます。 最初のペアは編集/ライブです。 一方がオンのとき、もう一方はオフです。

SpeechmakerヘルプPage3Speechmakerヘルプ

[ライブ]を選択すると、下部のナビゲーションバーに次のボタンが表示されます。

編集 –このボタンは選択されていません。 タップすると編集モードになります。 編集では、音声、フォント、サイズ、背景など、あらゆる種類の設定を編集できます。

ライブ –タップしないとライブモードに移行する場合、これは現在選択されているボタンである必要があります。 ライブは、スピーチを行うためのヘッドアップディスプレイのようなものです。 上部のタイマー。

シリ –これを選択すると、siriがテキストの行を強調表示し、現在選択されているスピーチを声に出して話し始めます。 Siriはカウントダウンを開始します。

REC –録音の略で、オーディオまたはビデオの録音を選択できます。

自動スクロール –特定の速度で音声を自動的にスクロールします。

TIP:スクロール速度を手動で変更するには、左側をタップすると遅くなり、右側をタップすると速くなります。

SpeechmakerヘルプPage4Speechmakerヘルプ

ライブモードでは、「ライブタイマー」が上部のナビゲーションバーに表示されます。 左から始めて、最初は「推定時間」を示しています。 次回は「経過時間」と右上の「残り時間」。

編集モード

編集モードを選択すると、下部のナビゲーションバー(上記)が表示されます。

SpeechmakerヘルプPage5Speechmakerヘルプ
ここでも、[編集]または[ライブ]、[スピーチの編集]を選択でき、3本の横線のようなアイコンでサイドメニューが開き(下)、[スピーチ]、[Siri]、[録音]、[プロンプター]、[ヘルプ]を選択できます。

真ん中のボタンは、現在選択しているスピーチを編集する[スピーチの編集]ボタンです。 新しいスピーチを作成するには、下のパネルのスライドからスピーチを選択します。 新しいスピーチを入力したり、古いスピーチを編集したりする別のオプションは、仮想キーボードのスペースバーの横にあるマイクボタンを押して、Siriを使用してSpeechMakerに口述することです。

3つの新しいボタンは、左からXNUMX本の水平線のように見えるアイコンがスライドして、このようなサイドメニューを開きます。

SpeechmakerヘルプPage6Speechmakerヘルプ

これらの5つを以下で説明します。

スピーチ

[スピーチ]パネル(下)は、編集モードで使用できます。 ここで、タップでスピーチを選択し、スピーチを作成、インポート、エクスポート、削除できます。 作成、インポート、エクスポート、および削除については、以下で詳しく説明します。

SpeechmakerヘルプPage7Speechmakerヘルプ

データドリブン –スピーチを作成できます。 キーボードの左側にあるディクテーションキーを押すことができることを忘れないでください。
インポート –グーグルまたはドロップボックスからのスピーチ。 テキスト、RTF、PDF、HTMLの4つのファイルをインポートできます。
シェアする –電子メールまたはFacebook経由。 もっと知りたい場合はお知らせください。
削除 –を選択してタップすると、スピーチが削除されます。

各スピーチの右側(上)で、各タイトルの右側にある青い(i)ボタンをタップすると、作成者、演説者、場所、日付と時刻の詳細(下)を編集できる下のダイアログが表示されます。

SpeechmakerヘルプPage8Speechmakerヘルプ

日付/時刻、期間、またはSiriの右側にある青い(i)ボタンを選択して、これらの設定を変更します。

SIRIの右側にある青い(i)ボタンを選択すると、下のダイアログが表示され、言語、速度、ピッチ、音量を変更できます。 これらの設定は、[すべてのデフォルト]ボタンを設定することにより、そのXNUMXつのスピーチまたはすべてのスピーチのデフォルトに対して行うことができます。

SpeechmakerヘルプPage9Speechmakerヘルプ

SIRIの右側にある青い(i)ボタンを選択して、同じ方法で期間と日付の設定を編集します。

SIRI

Siriは上記のダイアログで個々のスピーチに対して設定できますが、メニューのスライドからスピーチのために呼び出すこともできます。

インポート mp3または.caf形式のオーディオ。

輸出 電子メールを介して録音した音声を選択し、エクスポートボタンを押します。

SpeechmakerヘルプPage10Speechmakerヘルプ

REC

Recまたはライブビューの[録音]ボタンもカウントダウンを実行してから自動スクロールを開始し、音声を録音します。 停止を押すと、ファイルが保存され、[サウンドウェーブ]ダイアログに表示され、再生、エクスポート、または削除できます。

オーディオの録音ボタンをクリックして、録音と自動スクロールを同時に開始します。 スピーチのタイトルは次のとおりです。
01.11.10? 15-20-58.caf
これは、録音開始の日付と時刻を表します。 拡張子.cafは、アップルサウンドファイル形式です。

プロンプター
SpeechmakerヘルプPage11Speechmakerヘルプ

テレプロンプター設定は左からスライドして、以下を許可します。

水平–テキストを水平にミラーリングします。

垂直–テキストを垂直にミラーリングします。

ハイライトの色の変更–ライブモードでの自動スクロール中のテキストのハイライトの色です。

自動スクロール

SpeechmakerヘルプPage12Speechmakerヘルプ

ライブビューで[自動スクロール]ボタンを押すと、選択した速度で音声のスクロールが開始されます。 速度を上げるには、右側をタップします。 速度を下げるには、画面の左側をタップします。 このアイコンは画面に表示され、スクロール速度のフィードバックを提供します。

編集モード

「編集モード」では、右側にサイドメニューが表示されます。 このメニューは、上下の矢印をドラッグして上下に移動できます。

右側の各ボタンは引き出しのように開きます。 ボタンを上から順に:

SpeechmakerヘルプPage13Speechmakerヘルプ

スクロール速度–タップアンドドラッグして、ライブモードでの音声のデフォルトのスクロール速度を設定します。
フォントサイズ–ドラッグしてフォントサイズを設定します。
BG –背景の色を選択します。
フォント–フォントを選択します。
GM –文法。 品詞を表示します。

それぞれをタップして試してみてください。 タップして開き、タップして閉じます。

品詞は教育的で非常にクールです。必ずその機能を試してください。 学生に最適です。

最後に、上下の矢印を使用して、これらのツールをページ上で上下にタップおよびドラッグして、好きなように調整できます。

インポート

[インポート]ボタンをクリックします。 DropboxやGoogleドキュメントをクリックして、認証情報を設定します。

Dropbox経由でインポート
Dropbox内で、これは次の場所にフォルダーを作成します。
アプリ:SpeechMaker
このフォルダ内のファイルをインポートおよびエクスポートできます。 テキスト、PDF、RTF、またはHTMLファイルをこのフォルダーにドラッグします。
次に、もう一度下のパネルに移動して、ドロップボックスをクリックし、インポートするファイルを選択します。

Googleドライブ経由でインポート
ログインすると、Googleドライブのフォルダー/サブフォルダー内のすべての.rtf、.pdf、.htm / html、および.txtファイルがリストされます。 インポートするファイルを選択します。

輸出

スピーチを選択し、上の[エクスポート]ボタンをタッチして、HTML経由でスピーチを共有します。

ジェスチャー

ライブモードの場合:

  • 右側をタッチして、自動スクロールを高速化します。 このアイコンをご覧ください。
  • 自動スクロールを遅くするには、左側をタッチします。 このアイコンをご覧ください。
  • 中央エリアをダブルタッチして、一時停止または移動します。
  • スピーチを上下にフリックして、その方向をすばやく移動します。
  • ピンチしてフォントサイズを小さくします。
  • ズームしてフォントサイズを拡大します。

ホットキー

接続されたBluetoothキーボード
音声の編集中に上下キーのスクロールが機能します。

提案

  • スクリプトをスクロールして、スクロールさせないでください–自然に読んでください。 自動スクロールを読み取り速度に調整します。
  • 移動し、呼吸し、リラックスして、人々と話します。
  • スピーチを練習します。
  • 情熱と感情は良いです。 これがあなたのスピーチを促進するエネルギーです。
  • 姿勢は重要です。 まっすぐ立ちます。
  • 手を使ってください。
  • スピーチをする際に思い出したいことは何でも、呼吸、指さし、リラックスするために、スクリプトにキューを置きます。

お問い合わせ

Q:テレプロンプターの価格は750ドル以上です。 SpeechMakerをテレプロンプターとして使用する安価な方法はありますか?
A:すばらしい質問です! プロンプターやキューを知らない人のために、テレビスタジオで使用されているデバイスで、カメラを直接見て、画面からスクロールするテキストを読むことができます。 これは、大統領がキューカードを見下ろすことなく、彼のスピーチを思い出し、聴衆とのアイコンタクトを維持できるようにするために使用しているものです。 プロンプターを使用すると、ポッドキャスト、製品、またはその他のビデオをよりプロフェッショナルに見せることができます。 今では、誰でもプロンプターを購入したり、スマートフォンやタブレットで使用するために自分で作ることができます。 こちらをクリックしてください。 多くの人が自分でテレプロンプターを作るために自分でやる(DIY)ビデオのために。

Q:テレプロンプターを使用するとき、目の動きを最小限に抑えるための提案はありますか?
A:はい、それはすべて読者の目からカメラまでの距離です。 距離が離れるほど、目の動きは少なくなります。 距離が大きいほど、画面とフォントを大きくする必要があります。 大きなタイプサイズを使用してください。

Q:音声はアップルサウンドファイル形式の.cafで保存されているようです。 これをMac / Winコンピューターに転送して再生するにはどうすればよいですか?

A:それについてはここで説明します:
http://forums.macrumors.com/showthread.php?t=335683 
また、cafをmp3に、またはmp3をcafに、またはその変換を行うための最新の無料ツールを見つけるためにGoogleを使用します。

バージョンの変更

サポート

提案や問題がある場合は、ご連絡をお待ちしています。 お問い合わせ

SpeechMakerをご利用いただきありがとうございます

梅の人々はすごい

あなたのコメントに感謝します

ありがとうございました!

プラムアメージング、LLC