2.5.102019-08-14
  • -Mac OS 10.9に戻るようサポートするように更新
2.5.92019-08-12
  • -次の画像と背景色の変更のために、エディターアイコン(右下のXNUMXつのアイコン)にツールヒントを追加
    -ダークモードで読めないステータステキストを修正
    -IPTCデータが保存されない問題を修正しました。入力メタデータがコピーされていませんでした(ユーザーWalter Frieserによって報告されました)。
2.5.82019-06-27
  • -最初の画像がオフセット設定を適用しない問題を修正しました。
2.5.72019-06-11
  • -オフセットの問題を修正
    -ローカライズのマイナーコードアップデート
    -最新のXcodeでコンパイル
    -新しいxcodeでの新しいコンパイラ警告の修正
2.5.62019-05-14
  • -アップル公証
    -UIのいくつかのダークモードの問題を修正しました。
    -iW * Cloudサポートを削除しました。
2.5.52019-03-20
  • -クリップアートウィンドウに.DS_Storeを表示する境界線とベクターグラフィックを修正
    -テキストがクリッピングされていたUIのバグを修正しました。
    -v2.5.0から2.5.2で破損したStegomarkの読み取りを修正しました。 これらのバージョンで作成されたステゴマークは、他のOSまたは他のバージョンでは読み取りできません。
    -新しいサイトライセンスファイルへのアップグレードのクリーンアップ。
    -リセット後にデフォルトの透かしが選択されていない場合にクラッシュするバグを修正しました。
    -日本語ローカライズ
2.0.192018-09-11
  • -ヘルプメニューのURLを更新し、? 新しいウェブサイトのレイアウトの各画面にボタンを付ける
    -透かしマネージャーがexif / iptcタブから利用可能になりました
    -iW•Cloud-パスワードを忘れました。 電子メールが入力されていない場合、メッセージは表示されません。
    -iOSサブメニュー項目のサイズ変更テンプレートが修正されました。 コードは大文字と小文字を区別しないように変更されました。
    -更新の確認-リリースノートをクリーンアップして、1行目が他の行と並ぶようにします。
    -デフォルトとしてiwatermarkに設定されたIPTC作成者/作成者
    -選択した透かしをPhotoNotaryにアップロードする動作の変更
    ---古い動作:XNUMXつのマージされた透かしとして選択されたすべてをアップロードします
    ---新しい動作:選択されたすべての透かしをアップロードします。Optionキーが押されない限り、それらはマージされてアップロードされます。
    -複数の透かしの選択のバグを修正しました。 複数の透かしを選択すると、グラフィックが追加されない場合があります。
    -バグ修正/機能:一度に適用される複数のグラフィックス/ QRコード/署名の処理が改善されました。
2.0.182018-07-10
  • -UIの更新された部分
    -マニュアルを更新および改善しました。
2.0.172018-04-10
  • -サイトライセンスのサポートを追加
    -新しいサイズのApplescriptで、XNUMXつのサイズの画像に透かしを入れたものとしないものを作成します。 AppleScriptはすべて、マニュアルのapplescriptセクションにある「iWatermarkApplescrpts.zip」ファイルに統合されています。
    -[ファイル]メニューに「Stegomark Viewer」を追加しました。 Stegomarked画像のテキストを表示するには、ファイルのドラッグアンドドロップまたは選択をサポートしています。 ブラウザから画像をドラッグすることを含みます。 隠されたコンテンツがある場合は読んでください。
2.0.162018-03-28
  • -フォントパネルとフォントメニューのサポートを追加
    -保存されたお気に入りのフォントを使用する場合のフォントパネルでの色変換を修正
    -ドロップシャドウカラーなしでオブジェクトを編集するとクラッシュする問題を修正
    -セキュリティスコープコードを追加して、ユーザー画像フォルダ外の外部hardriveからの透かしグラフィック参照を許可することを望みます。
    -グラフィックノックアウトホワイト用に更新されたグラフィック編集UIは、グラフィックに既にアルファまたはマスクが関連付けられている場合、メッセージを表示し、オフに戻ります。
    -グラフィックの「パス」が存在することを確認するコードを削除しました。 セキュリティスコープコードの変更ではもう必要ありません
2.0.152018-02-28
  • -修正:複数の透かしが選択されている場合にStegoMarkを適用する問題。
    -追加のログステートメントのクリーンアップ、およびログに記録された最適化された情報
    -修正済み:ステゴマーク選択による透かしの挿入が失敗する。 追加しないでください。
    -Banner Watermarkがアウトラインに影響するようになりました。
    -機能強化:テキストエフェクトのアウトラインで、色とアウトラインの幅を調整できるようになりました。 デフォルトは、2ピクセルの幅と白に設定されています。 効果メニューでは、これらのパラメーターを設定できます。 1から50ピクセルの幅。 色を設定:赤、青、緑、黄、黒、白
2.0.142018-01-29
  • -V2.0.10で%を使用した場合、どこでも許可され、ピクセルは選択したエッジから-75〜95ピクセルのみ。
    -間違った透かしを選択するAppelscriptエラーを修正しました(報告してくれたXYXに感謝します)。
    -サイズの最大サイズまたは600ピクセルのサイズを変更するには、ピクセルの最大オフセットを調整します。
    注:エディターを開いて閉じ、サイズを調整してから再度開くと、最大サイズ変更が設定されます。 最大オフセットは依然として%範囲はまだ-75%〜95%です
    -マイナーメモリリークが修正されました。
    -グラフィックUIのプレビュー画像を調整して、垂直方向に正しく拡大縮小します。
    -iWatermark Pro for Windows V3.0.9 Betaと互換性のあるレイアウトの修正。
2.0.112017-12-01
  • -頻繁に使用されるプリセットをサイズ変更テンプレートメニューに追加し、タイプごとのサブメニューを追加
    -デモ7を修正して、編集後でも常に75%にサイズ変更されるようにしました。 このバージョンより前は、編集がスケーリングをオフにします。
    -すべてのデモの透かしをクリーンアップし(エクスポートされた場合は再生成されるためプレビューとHTMLサンプルを削除)、現在の形式とデフォルトにアップグレードします。
2.0.102017-11-25
  • -デバッグコードが有効なままであったため、すべてのテキスト透かしが入力されるバグを修正。
    -新しい欠落タグをGPS挿入タグメニューに追加しました。
    -テキストレイアウトの問題を修正。
2.0.92017-11-21
  • -[追加] 6桁精度のGPSタグの6つの新しいバージョン:Latitude6、Latitude Deg MM ss6、Longitude6およびLongitude Deg MM ssXNUMX。
    -[修正] mIPTCembededが選択され、メタデータを保存しない場合、ProfileName、Orientations、およびColor Modelは保存されませんでした。
    -[修正]メタデータのコピーが選択されたときに既存のEXIFおよびIPTCメタデータがコピーされず、IPTCを埋め込みませんでした。
    -[更新]リンクは、現在のIOSおよびAndroidアプリケーションへの[ヘルプ]メニューにあります。
    既知のバグ
    -アルファなしでTIFFからTIFFに変換すると、不要なアルファチャネルが作成されます。
    -IPTCデータは次のようなタグをサポートしていません .
    -エフェクト使用時のテキスト位置の変更。
2.0.82017-11-06
  • -os X 10.13以降で.heicファイルを読み取るための基本的なサポートが追加されました(プレビューで読み取れるものはすべて機能するはずです)。
    -修正されたバグ:ベクトルスクロールバーが最初にスクロールしない。
    -QRコードを変更して、QRコードの背景色を描画します。 この変更は、iWatermarkのWindows v3.0.7バージョンと一致させるためのものでした。
    -バグ修正:テキスト透かしのテキストパディングが機能しない。
    -ベクターストローク幅を設定するためのUIを追加しました。
    -バグ修正:テキストエディタ:デフォルトで新しい行のEnterキーを使用し、タグを挿入するときに挿入ポイントを保持するようになりました。
    -テキストエディターのUIレイアウトとスペルの問題を修正します。
    -グラフィックの境界線の詳細にUIを追加しました。 グラフィックスの半径と境界線の幅を設定します。
    -バグを修正:背景がチェックされていない場合の新しいデフォルトのテキストバナーの透かしで、バナーがわずかに透明な白はどうですか? デフォルトは45%の透明な白です。
    -タグの欠落を修正:
    -他のタグ(属性、ファイル情報、EXIF、TIFF、GEOなど)を次のようなIPTCメタデータに埋め込むサポートを追加 著作権表示で。
    -Windowsバージョンとの互換性を高めるために、エクスポート時にレガシーウォーターマークをクリーンアップするコードを追加しました。
    (Windowsバージョンの過去v1.02には、オブジェクトにトップレベルキーが含まれています
    -「モード」レガシーキーを削除
    -%として定義されていない場合、locationUnitを追加しました。
    -OffsetXとOffsetYが整数になるように再エクスポートするときのレガシーウォーターマークを修正しました。 一部は、文字列としてエクスポートするために使用します。
    -垂直バナーのテキストパディング/カーニングの問題を修正しました。
    -バナーのデフォルトの背景色を不透明度.25の白に変更しました。
    -パディング付きのグラフィックレイアウトを修正
    -アークテキストのエンボス、彫刻オプションを修正しました。
    -パディングとフレームを含むテキストのレイアウトを修正しました。
    -Drawの表示/非表示(Shift-CMD-M)を行うための新しいウィンドウアイテム「ウォーターマークマネージャー」が追加されました。
    -フレームとパディングをそれぞれ変更できるように、ボーダーフローティングウィンドウにパディングwスライダーを追加しました。
    -新しいタグを追加しました , Windowsバージョン3.0.7に合わせて
    -NONEではなくLZW圧縮を使用するようにTIFF出力を変更します。 これは、TIFF形式の2GBの制限を回避して、大きなTIFF画像を許可することです。
    注:UIを変更して、古い動作のQRコードの背後に白を強制するオプションを追加しました。
    -バグ修正:QRCode、署名ビットマップグラフィックロードを備えたエディターがリリースされなかったため、次のエディターにファントムグラフィックが含まれていた。
    -バグ修正:エンボスとエングレービングがテキスト透かしで再び機能するようになりました。
    -バグ修正:イメージがディスクパスからロードされませんでした。 結果として画像なし。
    -バグ修正:StegoMark with タグが機能しない問題が修正されました。 に置き換えられません 作成された年。 テキスト透かしタグと同じ。

    注:
    *動作が変更されました。QRコードの透かしを確認してください。「白を透明にする」に失敗した場合、画像ではなく元の画像が使用されます。
    * QRコードにはmacOS 10.9以降が必要です。
    *出力形式がJPGではない場合のフィードバックをStegomarkの変更:
    「エラー出力タイプが間違っています。出力ファイルタイプをJPEGに変更してStegoMarkで処理します。」 「ビープ音」を再生します。
    *特殊文字 非ASCIIはStegomarksではサポートされていません。
    (変換するコードを追加:©™および•に:(c)、TM、および*)。
    *問題:修正しない場合、垂直バナーはテキストを折り返しません。 水平方向に折り返します。 回避策:手動で新しい行を入力します。
2.0.42017-09-11
  • これはiWatermark Pro 2.0の最初のメジャーリリースです。 これは、1.0から2.0に移行するすべての最も重要な機能のリストです
    -GPS(Alt。SpeetおよびLat。)および現在(日付、時刻、年、合計)およびファイル属性のiWatermarkテキストエディターのタグを更新しました。
    -テキスト、グラフィック、ベクターの透かしでの回転と拡大縮小ジェスチャーを有効にしました。 スケーリングのオン/オフを切り替えるスマートズーム。
    -プレビューでのクイックルックを有効にし、入力プレビューでスマートズームをクリックします。 すなわち。 強制クリックと触覚フィードバック。
    -ウォーターマークマネージャーのICON列のソート順を修正しました。
    -Mata Dataタグでも使用されているため、Renameタブで常にカウンターを有効にしました。
    -テキストエディターメニューの挿入タグが欠落していた問題を修正
    -作成月、作成日、月##、日##のタグを追加しました。
    写真の作成日:
    できるようにする ..テキストタグで2017.03.10を生成します。
    -エンボス/刻まれたテキストを追加
    -多くのUIの変更
    -バージョン1.0以降に追加された新しい透かし、線、境界線、円弧上のテキスト、テキストバナー
    -テキストエディターの背景色もドロップシャドウをオフに修正しました。
    -透かしキーbackgroundOnOffを追加-アルファがゼロ(オフ)かどうかを追跡するブール値。
    -ウォーターマークマネージャーのICON列のソート順を修正しました。
    -メタデータタグでも使用されるため、[名前の変更]タブで常にカウンターを有効にしました。
    -7桁のGPS用のタグを追加 ' 」、「 '3桁の精度を与えます。
    -GPS(Alt。SpeetおよびLat。)および現在(日付、時刻、年、合計)およびファイル属性のiWatermarkテキストエディターのタグを更新
    -テキスト、グラフィック、ベクターの透かしでの回転と拡大縮小ジェスチャーを有効にしました。 スケーリングのオン/オフを切り替えるためのスマートズーム。
    -エディター:パフォーマンス:エディターでのソースイメージのキャッシュを有効にして、再描画を高速化しました。 ソースが大きなRAW画像である場合に最も顕著です。
    -最適化およびバグ修正
    -マニュアルを更新しました。
2.0.22017-08-15
  • -GPS(Alt。SpeetおよびLat。)および現在(日付、時刻、年、合計)およびファイル属性のiWatermarkテキストエディターのタグを更新しました。
    -テキスト、グラフィック、ベクターの透かしでの回転と拡大縮小ジェスチャーを有効にしました。 スケーリングのオン/オフを切り替えるスマートズーム。
    -プレビューでのクイックルックを有効にし、入力プレビューでスマートズームをクリックします。 すなわち。 強制クリックと触覚フィードバック。
    -ウォーターマークマネージャーのICON列のソート順を修正しました。
    -Mata Dataタグでも使用されているため、Renameタブで常にカウンターを有効にしました。
    -テキストエディターメニューの挿入タグが欠落していた問題を修正
    -作成月、作成日、月##、日##のタグを追加しました。
    写真の作成日:
    できるようにする ..テキストタグで2017.03.10を生成します。
2.0.0 FC42017-07-25
  • -透かし編集ウィンドウが前面に表示されるようになりました。
    -ウォーターマークエディターでのテキストの色のデフォルトが黒に修正されました。
    -エンボス/刻印テキストを修正(V2.00fc3で無効になった)。
    -円弧テキストとバナー透かしのエンボス/刻印テキストのバグ/ UIの問題をエンボスと刻印で有効にしました:
    -----刻まれた背景とエンボスされた背景
    -----テキストの色は、非表示にするか無効にする必要はありません。
    ----- Clear(ie.Alpha = 0.0)に設定する必要があります
    -----すべての刻印およびエンボスの背景色をオフにする必要があります
    -----背景を無地にしたり、テキストを表示したりすることはできません。
    -----エンボス/彫刻テキストおよびアークテキスト透かしは、繰り返し透かしではサポートされていません。
2.0.0 FC32017-06-30
  • -より多くのUIの変更
2.0.02017-06-13
  • -新しい透かし
    -更新されたUI
    -多くの変更と多くの修正。
    -新しいマニュアル。
    -すべてのメモを収集しており、ここに詳細を投稿します。
    -このメジャーアップデートに関するフィードバックをお寄せください。
1.722015-08-03
  • 重要:Appleがセキュリティに変更を加えたため、このバージョンと将来のバージョンは手動でダウンロードする必要があります。 https://plumamazing.com/bin/iwatermarkpro/iwatermarkpro.zip「アップデートの確認」の動作が異なります。 更新を手動でダウンロードし、古いバージョンを削除して、アプリケーションフォルダーに新しいバージョンを配置します。
    -「Len」メタデータ(Len Info、Len Model、Len ID)がエディターに挿入される問題を修正しました。 レンモデルの代わりに挿入していました
    -ユーザーがすべての入力アイテムを削除したときにプレビューを同期するようにUIを更新
    -透かし管理ドロワーで画像を切り替えるときにプレビューも同期します。
    -「サンプルプレビュー画像」を使用する際の表現を更新。
    -セピアまたはグレースケール出力を有効にしたときの10.7でのクラッシュを修正しました。 これは、10.8.xまでオートコレクションオプションが利用できなかったためです。 セピアとグレースケールが選択されたときにセットアップされました。 10.7.xでは非表示になりました。
1.712015-07-06
  • 重要:Appleがセキュリティに変更を加えたため、このバージョンと将来のバージョンは手動でダウンロードする必要があります。 https://plumamazing.com/bin/iwatermarkpro/iwatermarkpro.zip「アップデートの確認」の動作が異なります。 更新を手動でダウンロードし、古いバージョンを削除して、アプリケーションフォルダーに新しいバージョンを配置します。
    -sparkleフレームワークを削除(Appleによるサンドボックスの変更により現在使用されていません)
    -事前について知るためにバージョンチェックを更新
    -リリースバージョン。
    -右手または上揃えの1ピクセルオフの問題を修正しました。
    -いくつかのログメッセージをクリーンアップし、レイアウトの問題のログインを改善しました。
    -zipをダウンロードしてサンドボックスの問題を回避するように更新オプションを変更しました。
    -PhotoNotaryにはOS X 10.7以降が必要です。 そのため、10.6ではPhotoNotaryは無効と表示されます。
    -サポート10.7、10.8、10.9、および10.10に関連する署名の問題を修正しました。
    -Appleの提案に従って、ps2pngをリソースフォルダーから移動します。
    -マイナーコードのクリーンアップ
1.702015-06-14
  • 重要:Appleがセキュリティに変更を加えたため、このバージョンと将来のバージョンは手動でダウンロードする必要があります。 https://plumamazing.com/bin/iwatermarkpro/iwatermarkpro.zip通常の「更新の確認」は同じ方法で動作しなくなりました。 更新は、新しいバージョンごとに手動でダウンロードする必要があります。
    -更新オプションを変更して、zipをダウンロードし、サンドボックスの問題を回避します。
    -PhotoNotaryにはOS X 10.7以降が必要です。 そのため、10.6ではPhotoNotaryは無効と表示されます。
    -サポート10.7、10.8、10.9、および10.10に関連する署名の問題を修正しました。
    -Appleの提案に従って、ps2pngをリソースフォルダーから移動します。
    -マイナーコードのクリーンアップ
1.632015-04-07
  • -入力フォルダーのスキャンを変更して、一部のAppleレガシーコードの大きなフォルダーツリーでのデッドロックの問題を修正しました。 10.10.2アップデートに関連しているようです。
    -iPhotoおよびApertureプラグインをダウンロードしてインストールする組み込みオプションを削除しました。10.10.3月に利用可能なOS X XNUMXにあるAppleの写真アプリでは使用できません。 AppleのPhotosアプリはiPhotoとApertureに取って代わります。 ダウンロード可能なインストーラは、使用したい人のためにリンクマニュアルから引き続き利用できます。 これに関する詳細はマニュアルにあります。
    -PhotoNotaryが表示されない問題を修正
    -[マイアルバム]の透かしフォルダ。
    -簡単にアクセスできるように、PicturesフォルダーからiWatermark Scriptフォルダーへのリンクを作成するコードを修正しました。
    -人物画像フォルダからスクリプトフォルダへのリンクを作成するときにエラーを記録するようにスクリプトメニューを更新
    -新しい設定をスクリプトフォルダー「com.plumamazing.iwatermarkpro」に保存した後に更新するために、スクリプトメニューを更新しました。
    -AppleScriptとしての保存設定が修正されたため、入力フォルダーが設定されず、コメントアウトされるため、スクリプトが実行されます。
    -リセット入力のデフォルトを「起動時」に変更しました。起動時にクリアされません(選択したフォルダを再スキャンします)。
    -10.10.2のログファイルエントリの原因となったいくつかのレガシーコードを削除します。
    -10.9.5および10.10.xの新しいセキュリティ要件のため、ドロップレットの作成を削除
    -新しい名前変更オプションが追加されました。 開始カウンター値の設定。 デフォルトは1です。
    -エンドユーザーのワークフローの新しいサンプルスクリプト(マニュアルのリンクを参照)。
    -出力ファイルに適用するシャープオプションを追加しました。
    -出力ファイルに適用する自動修正オプションを追加しました。 (現在はすべてオン=すべてオンまたはオフ
    -次のリリースで修正されます)。
    -出力バージョンのセピアとBW /グレースケールをサブに追加
    -セピアおよびBWと呼ばれるフォルダー
    -出力形式と出力の機能強化のために[形式]タブを追加
    -UIの変更:新しい名前変更オプションが追加されました。 開始カウンター値の設定。 デフォルトは1です。
    -UIの変更:メタデータページ「コピー作成日」を名前変更ページから移動しました。
    -UIの変更:ファイル形式を[名前の変更]タブから[形式]タブに移動しました
    -UIの変更:メインタブ、フォルダー構造を出力タブに移動
1.552014-04-04
  • [修正] V1.54r2の余分なログメッセージを削除しました。 DrawTXT:old [修正済み]処理を開始すると、完了メッセージが削除されます。 すなわち。 「処理の終了」。 [Mod]改良:デモ
    -アウトライングレーの透かしme.wmk4
    -
    -下部のテキストを1%オフセットし、末尾にスペースを追加[修正] OS X 10.6.8でテキストの透かしが描画されない問題。 [修正]ブレンドモードのプレビュー[Mod]アプリケーションスクリプトが存在しない場合。 「〜/ Library / Application Scripts / com.plumamazing.iwatermarkpro」が存在せず作成できない親フォルダー「Application Scripts」を表示し、ユーザーに手動でフォルダー「com.plumamazing.iwatermarkpro」を作成するよう警告する[ Mod] QuickLookバージョン#v1.51からV1.54(更新するのを忘れていました)。
1.522014-02-10
  • [改善] UIをウォーターマークマネージャーに変更1.上部の検索、2。名前変更フィールドの追加、3。デフォルトの変更は、以前の長い日付からの短い日付です。 3.編集する透かしをダブルクリックします。 名前の変更を許可するために使用されるダブルクリック。
    [修正]エディタは現在の編集内容を保存してから修正するようになりました。
    [修正]オブジェクトの詳細が改善されました。 オブジェクトのレポート番号は削除されず、選択したアイテムのテキストが表示されるようになりました
    [追加]アプリのデフォルト設定に23個の新しいデモ透かしが追加されました。 さまざまな機能を示します。 これらはすべて、初めてのユーザーにロードされます。 以前のユーザーがそれらをロードするには:1. [詳細設定]タブで[デフォルトにリセット]を選択するか、Webサイトからダウンロードします:http://plumamazing.com/bin/iwatermarkpro/Defaultwatermarks.zipオプション、スケールおよび位置ツールの使用、アドレス帳データの使用、特殊効果など
    [修正]アプリケーションの移動時にCreative commonsウェブサイトを復元する。
    [改善]使いやすさを改善するためのさまざまな小さなUI変更。
    [改善]ウォーターマークマネージャーのUI。 透かしにIPTC / XMP情報が埋め込まれたときに表示できるように、IPTC / XMPフィールドを2番目に作成しました。 埋め込みは、ウォーターマークマネージャーの下部にあるギアメニューから行います。 メニュー項目「IPTC / XMPを選択した透かしに埋め込む」を使用します。 そのため、透かしによって可視透かしを追加できると同時に、IPTC / XMPメタデータを各写真に追加できます。
1.512014-01-19
  • 1.51バージョンの変更
    [追加] iWatermarkはApplescriptに対応しました。 スクリプトメニューが追加されました。 これにより、完全なワークフローを作成できます。 AppleScriptを介したすべての設定およびその他の便利な属性へのフルアクセス:*透かしのリスト、選択した透かし(rw)*見つかった画像の数*現在の画像のインデックス(rW)*見つかった画像へのパスのリスト *現在のプロセスステータス(r)*処理を開始するコマンド、入力フォルダーを再スキャンします。
    [変更]回転および拡大縮小ジェスチャーのサポートを修正しました。
    [追加]サンドボックスが有効になりました。
    [追加]最新のXCodeで署名およびコンパイルされたアプリ。 最適化されたコード。
    [追加] Macからエクスポートされた透かしがWindowsで機能するようになりました。
    [追加] OS X 10.8プレビューの共有オプション-AirDrop、Flickr、Twitter、FaceBookなど。
    [追加]互換性のためのiOSフォント用のiWatermarkへのアクセス。 [詳細:共有]タブでオンにします。
    [追加]新しいサンプルグラフィックス(ホワイトコレクション)&(ブラックコレクション)。
    [変更]サムネイルジェネレーターが元のディレクトリ構造を作成するようになりました(つまり、フォルダー構造の設定を尊重します)。
    [変更]画像の部分的に透かしを配置できるように画像の-25%へのオフセットの制限。
    [更新] Dropboxをv1 APIに変更し、すべての接続で暗号化された接続(https://)を使用するようにしました。
    [更新]透かしのQuickLookプラグインが更新および改善されました。
    [クリーンアップ]グラフィックライブラリフォルダーの名前を変更して整理しました。 サンプルを「アートワークライブラリ」に変更し、新しいグラフィックを追加しました。
    [UI更新]エディター、アドレス帳オプションを含むようにテキストメニューを変更。
    [UI更新]エディターのエディタープレビューでは、現在の透かしを保存する必要がなくなりました。
    [追加] [表示]メニューに追加されたすべての透かしオブジェクトを選択します。
    [修正]変更後に「オブジェクトハンドルを表示」が更新されるようになりました。
    [修正] Apertures Editor-修正。
    [追加]「.iwmkMetaSet」カスタムファイル拡張子への保存をサポートし、ダブルクリックするとiptc / xmpメタデータがロードされます。
    [追加]テキスト透かしの「rtf」および「html」バージョンを含むようにエクスポートされた透かしファイル(.wmk)でのクロスプラットフォームサポートのサポート。
    [変更]透明なpngまたはPSD画像を許可するように図面を変更します。
    [追加]サイズ変更オプション(ボックスに合わせる(幅と高さの両方)、高さを合わせる、幅に合わせる)
    [追加]現在のサイズのサイズ変更のサポート%を追加しました。
    [変更]ユーザーが%に変更するか、幅を高さに編集すると、プリセットメニューのサイズが「その他」に変更されました。
    [追加]ウォーターマークマネージャーで技術情報を使用してプレビューを作成します。
    [追加]ロケーションダイアログオブジェクトのレイアウトラインが追加されました。
    [追加]共有-Dropboxのウォーターマークフォルダーへのリンクを簡単に共有できるようにしました。
    [追加] 10.7または10.8を実行しているMacintoshコンピューター間で透かしを共有するためのエアドロップのサポート。 ファインダーで送信するには10.8、ファインダーで受信するには10.7以降が必要です。その後、iWatermarkにインポートします。
    [追加]コマンドpとshift-command-spacebarでプレビューウィンドウを切り替えます。
    [追加] JPEGオプションを持つタブにプログレッシブJPGチェックボックスオプション。 [詳細設定]タブから削除しました。
    [追加]ウォーターマークマネージャーにIPTC / XMPをウォーターマークに埋め込むオプションを追加
    [追加]ウォーターマークマネージャー->共有メニュー(エアドロップ、メール、メッセンジャー(iChat)、ドロップボックス)経由でウォーターマークを送信できるようにしました。
    [変更] Dropboxのログインステータスに基づいてメニューを無効化/有効化しました。
    [変更]テンプレートのサイズ変更メニュー(トピック、iOS、モニター、カメラなどによる設定)。
    [追加]多くの小さな最適化、修正、UIの変更が多すぎて、ここで文書化できません。