iWatermark Pro for Windows透かしテキストロゴグラフィックqrサイズ変更ベクトルの境界線署名メタデータステゴノグラフィーフィルター

iWatermark Pro 2
Windows用ヘルプ/マニュアル

*へ サーチ マニュアルでは、controlfを使用して単語またはフレーズを検索します。

iWatermark Pro 2をリリースする準備ができたので、現在マニュアルに取り組んでいます。 アプリは新しいので、マニュアルの更新には数日かかりますので、しばらくお待ちください。 ありがとう。

概要

iWatermark Pro 2は、iWatermark Windowsの最新(2021年後半現在)のバージョンです。 iWatermarkは、Mac、Windows、iPhone / iPad、およびAndroid向けの世界一の透かし入れアプリケーションです。 数分以内に微妙な透かしですべての画像をスタイリッシュに著作権で保護します。 iWatermark Proは、写真家やデジタルカメラを持っている人、専門家、初心者にとって不可欠なツールです。

Windowsユーザーインターフェイス用のiwatermarkpro 2タップして拡大

iWatermarkは、写真に透かしを入れるための専用ツールです。 iWatermarkは、PhotoShopよりも効率的で、高速で、シンプルで、はるかに安価に使用できます。 iWatermarkは、透かし専用に設計されています。

iWatermark Proは、Mark FlemingとJulian Millerによって作成されました。 ミシェル・ザンパロによるアートワーク。

iWatermark Pro 2を母国語に翻訳しますか? お問い合わせください。

重要:このマニュアルはWindows版を対象としています。 私インターフェース要素はMacバージョンでも同様です。

すべてのiWatermarkソフトウェアの表

 OS名前と詳細情報必須ダウンロードバージョンマニュアル
iOSiWatermark +
iWatermark
iOS
iOS
ダウンロード
ダウンロード
6.7.9
6.9.3
リンク
リンク
MaciWatermarkMac 10.9-12.0 +ダウンロード2.6.3リンク
Android

Android
iWatermark +

iWatermark
Android

Android
ダウンロード

ダウンロード
4.9.7

1.4.1
リンク

リンク
Windows

Windows
iWatermark Pro

iWatermark Pro 2
7、8.1、または10

64ビット、10、11
ダウンロード

ダウンロード
2.5.30

4.0.21
リンク

リンク

MacおよびWin用のiWatermarkProの古いバージョン

ダウンロードリンクとシステム要件

OS&情報リンクダウンロードRequirements
Macの古いバージョン
iWatermark Pro 2.56
iWatermark Pro 1.72
iWatermark Pro 1.20
iWatermark 3.2
インテル Mac OS X 10.8-10.14
インテル Mac OS X 10.6-10.11
PPC / Intel Mac OX 10.5
Mac 10.4、10.5または10。
Windows古いバージョンiWatermark 3.1.6
iWatermark 2.0.6
WIN XP以降

購入/ライセンス

iWatermark Pro2の価格は30ドルです。 ライセンスのないバージョンを無料でダウンロードして使用し、すべての機能をテストできます。 試用版では、各写真に小さな「CreatedwithiWatermark」が付けられています。 これは、アプリを購入してライセンスをインストールすると削除されます。

以前の購入者にアップグレード情報をメールで送信するか、お問い合わせください 詳細を見る あなたがあなたの電子メールを変えて、我々から連絡がないならば。

それを試した後、私たちに行ってください 店舗 購入する。 

教育ライセンスは、大学または学校のドメインからメールでお問い合わせください。

サイトライセンスについてはお問い合わせください

ライセンス/登録のインストールに問題がある場合は、 サポート のページをご覧ください。

技術サポート

質問がある場合は、まずこのマニュアルを確認してください。それでも問題が解決しない場合は、 サポート のページをご覧ください。

透かしの種類

現在、8種類の透かしがあります。 写真に表示される透かしである6つの異なる可視透かしタイプ。 さらに、2つの異なる非表示の透かしタイプ。

表示される透かしの種類–テキスト、円弧上のテキスト、テキストバナー、ビットマップグラフィック、線、QRコード。 

目に見えない透かしの種類–メタデータとステゴマーク。 

種類アイコン透明性 製品説明
テキストiWatermark Pro 2Winマニュアル1iwatermark pro2マニュアル目に見えます写真&
ビデオ
フォント、サイズ、色、回転などを変更する設定を持つメタデータを含むテキスト
テキストアークiWatermark Pro 2Winマニュアル2iwatermark pro2マニュアル目に見えます写真&
ビデオ
曲線状のパス上のテキスト。
バナーiwatermark +バナー透かし目に見えます写真&
ビデオ
バナーは、テキストのある上、下、または任意の側に長方形を配置します。
ビットマップグラフィックiWatermark Pro 2Winマニュアル3iwatermark pro2マニュアル目に見えます写真&
ビデオ
グラフィックは通常、ロゴ、ブランド、著作権記号などの透明な.pngファイルです。インポートするには。
ラインズiWatermark Pro 2Winマニュアル4iwatermark pro2マニュアル目に見えます写真&
ビデオ
さまざまな方法で表示するように調整できます。
多くのストックイメージ写真会社で使用されています。
QRコードiWatermark Pro 2Winマニュアル5iwatermark pro2マニュアル目に見えます写真&
ビデオ
コーディングに電子メールやURLなどの情報が含まれる一種のバーコード。
メタデータiWatermark Pro 2Winマニュアル6iwatermark pro2マニュアル目に見えません写真&
ビデオ
写真ファイルのIPTCまたはXMP部分に情報(電子メールやURLなど)を追加します。
ステゴマークiWatermark Pro 2Winマニュアル7iwatermark pro2マニュアル目に見えません写真&
ビデオ
StegoMarkは、電子メールやURLなどの情報を画像データ自体に埋め込む独自のステガノグラフィ手法です。

機能一覧

iWatermark Pro 2は、iWatermark(オリジナル)およびiWatermark Proの後継であり、最新のMicrosoftテクノロジを使用した完全な書き直しです。 iWatermark Pro 2は、Windows10以降で利用できる最も洗練された透かし入れアプリです。

特徴iWatermark Pro
透かしの種類の数8それぞれが異なる目的に役立ちます。
1つまたは複数の透かしを同時に使用する無制限(メモリに基づく)
透かし1または無制限の数の写真のバッチ無制限(メモリに基づく)
透かしの種類テキスト、ビットマップ、ロゴ、署名、ベクター、ライン、QR、アーク上のテキスト、テキストバナー、境界線、メタデータ、およびステゴマーク
速度4倍以上の高速、64ビット
並列処理対応マルチスレッドで複数のCPU / GPUを使用
入力アクションサイズ、解像度、名前、フォーマットなどで入力写真をフィルタリングします…
出力アクション透かし、サイズ変更、名前変更、サムネイルの作成、メタデータの追加または削除。
AppleScriptable(Macのみ)はい、スクリプトとスクリプトメニューが含まれます
Win Explorerのシェル拡張右クリックして透かしを直接適用します。
カラープロファイル既存の選択可能なプロファイルを使用
出力10種類の出力設定
入力ファイルの種類RAW、JPG、PNG、TIFF、GIF、DNG、PSD
出力ファイルの種類jpg、png、tiff、psd、bmp、jpeg 2000、clipb
ライブプレビューはい、プレビューウィンドウから共有します
写真のサイズ変更6つの主要オプション
透かしをインポートはい、MacまたはWinバージョンから
透かしをエクスポートMacまたはWinバージョンにアーカイブまたは共有する
透かしを編集カスタム透かしを作成し、いつでも設定を複製、削除、表示、編集します。
透かしの引き出しすべての透かしを保存し、整理、編集、ロック、プレビュー、共有、およびタップで使用する場所。
メタデータXMP、EXIF、IPTC、およびGoogle検索のメタデータ
メタデータの追加/削除IPTC / XMP / GPS
透かしにメタデータを埋め込むIPTC / XMP / GPS
透かしとしてのメタデータタグIPTC、Tiff、ファイル属性、Exif、GPS、タグをテキストの透かしに追加して、写真の情報を確認します
エフェクトエンボス、彫刻、逆、輪郭、黒い影、白い影など…
透かしの場所ドラッグまたはxyで設定
スケール透かし実際(相対)、水平および垂直(絶対パーセンテージ)
テキスト透かしの書式設定フォント、サイズ、色、回転、透明度、影、境界線など…
創業の背景色、不透明度、スケール、境界線、影、回転
カスタマーサービスオンライン、コンテキスト、詳細
透かしとしてのQRコード透かしとして使用するQRコードを作成する
クリエイティブコモンズの透かしCCウォーターマークを簡単に追加
クイックルックプラグインエクスポートされた透かし情報を表示します
すべてのフォトブラウザで動作しますはい
エクスポートして共有バックアップし、他のデバイスや友人と透かしを共有します。
簡単な操作性真剣に、使いやすい
元のファイルを複製し、それらに透かしを入れます。 元のファイルには絶対に触れないでください。また、デフォルトで元のファイルをバックアップします。 または、Advanced:Prefsでオフにすることができます

他のプログラムよりもiWatermark Proを使用する理由

  • iWatermarkは、透かし処理とプロの写真家のワークフロー専用に設計されているため、Photoshopよりも安価で高速かつ簡単に透かし処理できます。
  • Mac、Windows、iOS、Android用に作成されたさまざまなiWatermarkバージョンがあります。 iWatermarkプロ。
  • 個々の写真またはバッチに透かしを入れます。
  • XNUMXつの透かしまたは必要な数の透かしを同時に使用します
  • 11種類の透かし。 他のアプリには1または2しかありません。
  • それらの透かしタイプのいずれかを何百万もの方法でカスタマイズします。
  • カスタム透かしを保存して、再利用したり、次の透かしのテンプレートとして使用したりできます。
  • iWatermarkは、ファイルのバッチの名前変更、入力ファイルのフィルター処理、写真ファイルのサイズ変更を行うことができます。
  • iWatermarkは、ほとんど処理されないRAW画像を処理します。
  • iWatermarkは、写真のバッチ処理中にIPTC / XMP情報を追加または削除できます。 それはプライバシーのためにGPSデータを削除することができます。
  • 重要– iWatermarkを使用すると、さまざまな解像度と向きの写真をバッチで使用しながら、各写真の透かしを同じように保つことができます。 スケーリング ツール。 スケールとは、各写真の解像度や向きに関係なく、透かしが幅の正確な割合を取ることができることを意味します。
  • iWatermarkには、テキスト、テキストアーク、テキストバナー、グラフィック、ベクター、ライン、QR、メタデータを作成し、ウォーターマークのサイズを変更できる洗練されたウォーターマークエディターがあります。
  • iWatermarkは、目に見える透かしの有無にかかわらず、使用されるたびにIPTC / XMPデータを埋め込む透かしを作成できます。 ニュース組織に最適です。
  • iWatermarkは、Google検索とより優れたSEOに適切な画像権利メタデータを使用するのに役立ちます。
  • iWatermarkは非常に高速です。これは、ファイルサイズとバッチの処理が増え続けるために重要です。
  • iWatermarkは、クリックするだけで使用できるすべての透かしのデータベースを保持します。
  • Photoshopのような画像に透かしを入れることができるアプリケーションがありますが、iWatermarkには数百の透かしを追跡できる透かしマネージャーがあります。 また、マネージャーは、ロックのロック/ロック解除、IPTC / XMPの埋め込み、検索、名前の変更、削除、プレビュー、マージ、エクスポート、透かしのバッチ処理、共有を許可します。
 

重要:元のファイルを削除しないでください。 透かしは、元のファイルをコピーし、目に見える透かしを追加します。 iWatermarkはオリジナルを変更せず、コピーを作成するだけです。 そのため、元の透かしのないファイルは常に安全に保管してください。 これはおそらくあなたには完全に明白ですが、初心者には言わなければなりません。 

インストール

Windows:

1)まず、アプリには64ビットの.Net Core3.1.19ランタイムが必要です。 下のボタンをタップしてダウンロードしてください。 このバージョンである必要があり、他のバージョンではありません。 次にインストールします

2)次に、WebサイトからiWatermark Pro 2インストーラーをダウンロードするか、下のボタンをタップします。 次に、ダウンロードしたインストーラーを使用してインストールします。 インストーラーは、デスクトップにiWatermarkProのエイリアスも配置します。

モニターに合わせて調整

フォントサイズの調整は、Prefs:Advanced:Themesにあります。 まず、下の[テーマ]タブを選択します

iWatermark Pro 2Winマニュアル8iwatermark pro2マニュアル

[テーマ]タブを選択すると、下のダイアログが表示され、ライトまたはダークテーマ、テーマの色、テーマのフォントサイズを選択できます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル9iwatermark pro2マニュアル

ウィンドウを左下または右下隅からドラッグして、アプリのサイズを拡大します。

クイックスタートチュートリアル

ステップ1写真をロードする

iWatermarkは多くのこと(透かし、サイズ変更、名前変更など)を実行できますが、常にXNUMXつまたは複数の写真の読み込みから始まります。 下のスクリーンショットは「ImageWell」です。これは、iWatermarkウィンドウの下部にある、写真、写真、または写真のフォルダーをドラッグアンドドロップする場所です。 または、空の画像の中央をよくタップして、写真またはフォルダを選択するための標準ダイアログを表示します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル10iwatermark pro2マニュアル
よくイメージ

ウェルに写真を入れると、下のスクリーンショットのようになります。

勝利のためのiwatermarkプロ2のサムネイルでうまく画像
よくイメージ

写真を削除する 画像からも。 画像の右側にある歯車をよくタップし、リストで[画像を消去]を選択します。

重要:写真に透かしを入れるには、[透かし]を選択します。 多くの人がこの項目をチェックしたままにします(以下)。

iWatermark Pro 2Winマニュアル11iwatermark pro2マニュアル

ステップ2バッチまたはシングル写真

2.1透かしシングル写真

    1. 左側の透かしリストでXNUMXつまたは複数の透かしを選択します(はい、iWatermarkはXNUMXつ以上の透かしで同時に透かしを入れることができます)。 クリックを制御して、複数の透かしを選択します。
    2. 写真を個別に処理するには、[選択の処理]ボタンをタップします。
    3. 写真をタップして透かしを入れます。 日付と時刻(または「出力」で設定した方法)によって自動的にフォルダに追加されます。 下のスクリーンショットの右側にある3つのアイコンは、フォルダーに移動し、フォルダー設定を制御し、iアイコンはメタデータウィンドウを開きます。 歯車のアイコンを開いて、「ImageWell」をクリアします。
    4. 完了したら、[停止]をタップします。

勝利のためのiwatermarkプロでのプロセス選択

重要:1つまたは複数の写真で同時に使用したい数の可視透かしを使用できます。 XNUMXつまたは複数の写真に同時に存在できるメタデータまたはステゴマークはXNUMXつのみです。 

2.2バッチ透かし

    1. 2枚以上の写真を選択するか画像にドラッグします。
    2. ウィンドウの左側にある透かしリストから、使用する透かしを選択します。
    3. [バッチの処理]ボタンをタップします。
    4. すべての写真に透かしが入っているため、上部に「出力プレビュー」と表示されます。 写真はデフォルトで「Pictures:iWatermarkPro 2 Folder」にあり、最後のフォルダー内には、透かし入りの写真のバッチ全体を含む日付と時刻の名前が付いたフォルダーがあります。

次のテストでは、他のアクションを追加できます。これらは、従う手順です。

2.3他のアクションを追加する

    1. 2枚以上の写真を選択するか画像にドラッグします。
    2. 上記のように透かしを選択します。
    3. オンにして、「サイズ変更」などのアクションを追加します。 そのパネルで。 オンになっている場合は、このようなプリセットサイズ(下記)から選択するか、必要なサイズをカスタマイズできます。iWatermark Pro 2Winマニュアル12iwatermark pro2マニュアル
    4. [バッチの処理]ボタンをタップします。
    5. 写真は透かしになります。 [出力プレビュー]ウィンドウに、処理が終了したことが示されます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル13iwatermark pro2マニュアル

将来的には、上記の他のアクション、フィルター、サイズ変更、名前の変更、サムネイル、またはIPTCのいずれかをオンまたはオフにすることができます。 これらのアクションは、透かしの有無にかかわらず実行できます。たとえば、透かしなしで写真のサイズを変更できます。 ワークフローを開発して、2回のパスでiWatermarkのサイズ変更、名前変更、サムネイルの作成、メタデータの追加、写真の束の透かし入れを行い、最後のフォルダー内の「Pictures:iWatermark ProXNUMXFolder」に自動的にエクスポートできます。処理された写真のバッチ全体を含む、日付と時刻が指定された名前付きフォルダー。

2.4複数の透かしの使用

1つまたは複数の写真で同時にXNUMXつ以上の透かしを選択します。 ステゴマークおよび/またはメタデータの透かしは一度だけ選択できます。 テキスト、QRコード、テキストアーク、テキストバナー、グラフィック/ロゴ、および線は、それぞれ透かしとして複数回使用できます。

複数の透かしの選択

    • XNUMX回クリックして、XNUMXつの透かしを選択(強調表示)します。 選択は強調表示されていることを意味します。
    • 透かしを連続して(連続して途切れることなく)選択するには、透かしのグループの最初と最後の写真をShiftキーを押しながらクリックします。 この選択は、それらがすべて強調表示されることを意味します。
    • 透かしを不連続に選択するには、各透かしをControlキーを押しながらクリック(マウスの右ボタン)します。

一度に使用できるのは、メタデータやStegomarkの単一のインスタンスのみです。 2つ以上のメタデータ透かしを同時に許可することは、そのデータを挿入する場所が1つしかないため、意味がありません。 ステゴマークも同じです。

デモ透かし

いくつかの写真をドロップします。 次に、ウィンドウの左側で、各デモ透かしをタップしてプレビューします。 それらはほとんど自明です。

iWatermark Pro 2Winマニュアル14iwatermark pro2マニュアル

透かしをタップして選択/ハイライトします。 次に、写真の表示サイズに応じて透かしが写真に表示されることがわかります。 各透かしには、アプリについて学習し、独自のはるかに優れた透かしのセットで使用できるさまざまな透かしの種類、タグ、設定が表示されます。

たとえば、デモ10 –ベイツナンバリング–これは、タグを使用して、法律、ビジネス、および医療文書に識別番号を追加する方法を示しています。 これは、MacおよびWin用のiWatermarkProを使用して適用できる手法です。

ベイツナンバリング、 としても知られている ベイツスタンプは、法律、ビジネス、および医療文書に使用されるインデックス作成方法です。 ベイツ番号は、一連のドキュメントの各ページを一意に識別してラベルを付けるために使用されるデジタル参照ポイントとして認識されます。  

ベイツナンバリングは、法律専門家によって頻繁に使用される手法です。 そのため、主に法律の分野で使用されています。 言うまでもなく、法的文書には数千のページが含まれる可能性があり、ベイツ番号を使用してそれらのページにインデックスを付けると、そうでない場合よりもはるかに簡単に情報を取得できます。

ドキュメントに連番を適用することで、重要なドキュメントの整理と識別のタスクがはるかに簡単になります。 たとえば、パラリーガルは即座にドキュメントを検索し、弁護士が証言録取中に参照する必要のある情報を含むページを見つけることができます。 これは時間とお金の大幅な節約になります。

これは、ケースID番号、日付、会社名などの特定の識別子(数値または文字と数字の組み合わせ)を各PDFページに割り当てることによって機能します。 デフォルトでは、ベイツ番号はページのヘッダーまたはフッターにあり、接頭辞や接尾辞を含めることも、既存のヘッダーとフッターのテキストと組み合わせることもできます。 

https://en.wikipedia.org/wiki/Bates_numbering

透かしを作成する

7つまたは複数の写真を選択していることを確認してください。 透かしを作成することから始めます。 透かしはXNUMX種類あります。 初めて、テキスト透かしを作成します。 これは、すべての透かしがどのように作成されるかを示す良い例です。 The テキスト透かしは シンプルで簡単、そして最も一般的に使用される透かし。

以下の手順は、各透かしの開始方法です。 すべての透かしタイプは同様の方法で作成されます。 

  1. 「透かしを追加」と表示されているiWatermarkウィンドウの左側のサイトで、「+」ボタンをタップして、下に表示されるドロップダウンメニューを表示します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル15iwatermark pro2マニュアル

または、もうXNUMXつの方法は、iWatermarkの左上にある[ファイル]メニューに移動し、そこから[新しい透かし]を選択することです。 同じ ドロップダウンメニューが表示されたら、[テキスト...]を選択して新しいテキスト透かしを作成します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル16iwatermark pro2マニュアル

「テキスト」透かしを選択して開始します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル17iwatermark pro2マニュアル

2.新しいテキスト透かしには名前が必要です(上記を参照)。 すぐに多くの透かしがあり、正しい名前がそれを見つけて将来再び使用するのに役立つので、何か説明的なものを付けてください。

透かしの名前を保存すると、テキスト透かしのエディタが右側に表示されます。 ここでは、テキスト透かしの設定を変更してみます。 続行するには、以下のテキスト透かしに移動してください…

Windowsテキスト透かし設定用のiwatermarpro 2

目に見える透かし

テキストウォーターマーク

勝利のためのiwatermarkpro2のテキスト透かし設定

テキストの透かしは簡単に作成できます。 テキストはどのサイズでもシャープで、使用可能なフォントに依存します。 iWatermark +は、システムフォントに加えて、292個の美しいフォント(多くはGoogleフォント)にアクセスできます。

スクリーンショット(右)は、テキスト透かしを作成するときに表示されるすべての設定を示しています。

1)名前 –透かしに付ける名前を設定します

2)テキスト –テキスト透かしのコンテンツを設定します。

3)挿入 –コンテンツに著作権の©記号や商標の™などの特殊文字を挿入します。また、写真のIPTCまたはEXIF情報の変数であるタグを挿入することもできます。 詳細はこちら。

4)フォント –フォントとフォントサイズを設定します。 以下に、フォントメニューを表示します。これにより、システム内のすべてのフォントを表示し、透かしテキスト用にXNUMXつを選択できます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル18iwatermark pro2マニュアル

5)フォントサイズ、効果、色、ドロップシャドウ、境界線の詳細などです。

iWatermark Pro 2Winマニュアル19iwatermark pro2マニュアル

6)効果 –エングレービング、エンボス、インバースなどの効果を設定します。 

iWatermark Pro 2Winマニュアル20iwatermark pro2マニュアル

効果、フォントの色、テキストのドロップシャドウ、およびそのシャドウを作成する光の方向を設定します。

正常 - 効果がないことを意味します。

リバース–明度の値が大きいサンプルに応じて、背景画像のサンプル色からソース画像のサンプル色を差し引くか、その逆を行います。 黒のソース画像のサンプル値は変化しません。 白は背景色の値を反転します。

インバースは、背景が変化する画像で細かいテキストでも読みやすくなるため、使用できる便利なものです。 逆に使用する白が多いほど良いです。 これは、テキストとグラフィックスに当てはまります。 黒は何もしません。 反転モードでは、テキストまたはグラフィックのいずれかで白を使用することをお勧めします。

iWatermark Pro 2Winマニュアル21iwatermark pro2マニュアル

エンボスと彫刻

iWatermark Pro 2Winマニュアル22iwatermark pro2マニュアル

テキスト透かし設定からテキストに刻まれた効果を使用する

iWatermark Pro 2Winマニュアル23iwatermark pro2マニュアル

テキスト透かし設定のテキストに背景が刻まれた効果を使用する

iWatermark Pro 2Winマニュアル24iwatermark pro2マニュアル

テキスト透かし設定からテキストにエンボス加工された効果を使用する

[エンボスの背景]と[背景を彫る]は半透明で、下の写真が表示されます。 エンボスとエングレービングでは、テキストの色を使用してエンボスを塗りつぶします。 どちらも微妙な透かし入れに役立ちます。

現在、エンボス/彫刻効果では、XNUMXつのドロップシャドウのいずれかのみを制御できます。

外の影の色が制御されます。 内側の影は、エンボスの場合は黒に、彫刻の場合は白に固定されます。

注意:現在、テキスト透かしでのみ機能します。バナー、アークテキスト、グラフィックではまだ機能しません。

ブラックシャドウ–まさにあなたが思うこと。

ホワイトシャドウ–同上

アウトライン–テキストのアウトラインを作成します。

7)背景色 –背景色と境界線の詳細を設定します

8)アライメント –テキストとパディングの配置(左、中央、右)を設定して、テキストの周囲により多くのパディング/スペースを配置します。

9)回転 –テキストの回転を変更します。

10)不透明度 –不透明度/透明度を設定します。

11)スケーリング –これにより、相対スケーリングと絶対スケーリングのオプションが提供されるため、iWatermarkが際立っています。

相対(%)–デフォルト設定で、理解と使用が最も簡単です。 ほとんどの人が望んでいることを正確に実行します。 相対モードでは、位置はエッジから%で設定されます。 写真のサイズに関係なく、視覚的に同じ結果が得られます。 透かしのサイズ/位置は、写真の寸法の影響を受けます。 写真ページでは、この設定により、バッチ内の各写真のサイズと向きに関係なく、透かしの相対位置(%単位)を設定できます。 例:2枚が低解像度でもう10枚が高解像度の20枚の写真のバッチで、XNUMX枚の低解像度写真で約XNUMXピクセル幅に設定された境界透かしは、高解像度写真でXNUMXピクセル幅になる場合があります。 以前は「相対」モードしかありませんでしたが、一部のユーザーは「絶対」モードを要求しました。

絶対(ピクセル)–すべて、位置、フォント、境界線、グラフィックを設定すると、すべてがピクセルで機能するように変更されます。 「絶対」メトリックモードでは、すべてのサイズ/位置が写真のサイズに依存しなくなります。 透かしのサイズと位置は、すべての写真で同じ(ピクセル単位)のままになります。 例:低解像度と高解像度の2枚の写真のバッチで、幅10ピクセルに設定された境界透かしは、両方の写真で正確に幅10ピクセルになります。

相対は、ウォーターマークの位置をパーセンテージで設定するためのものです。 これは、すべての解像度、サイズ、向きが異なる可能性のある写真のバッチで、同じサイズで同じ場所に透かしを表示する場合に不可欠になります。

iWatermark Pro 2Winマニュアル25iwatermark pro2マニュアル

スクリーンショットでは、スケーリングのドロップダウンメニューがデフォルトで「スケーリングなし」に設定されていることがわかります。 つまり、%ではなくピクセルで作業しているということです。

スケーリングのすべてのオプションは、[スケーリングなし]、[水平スケール先:]、および[垂直スケール先:]の上のドロップダウンメニューに表示されます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル26iwatermark pro2マニュアル

スケーリングなし –スケーリングをピクセル単位で機能するように設定します。

水平スケール:–水平方向に機能するようにスケールを%で設定します。

垂直スケール: –スケールを垂直方向に機能するように%で設定します。

12)画像をカバーするためのタイル– 写真全体でテキストを複数回繰り返します。 これは、写真の一部が撮影されないようにしたい人にとって重要です。

iWatermark Pro 2Winマニュアル27iwatermark pro2マニュアル13)ピン– 透かしの位置を、解像度や向き(ポートレートまたはランドスケープ)に関係なく、すべての写真で同じになるように設定できます。 ピンを使用すると、一般的な方法で位置を上下左右に設定できます。

14)場所–ピンで一般的な場所を設定したら、このように微調整できます。 以下に「オフセットX」と「オフセットY」が表示されます。 選択したピンに応じて、XとY、XまたはYを変更できます。Xは水平方向、Yは垂直方向です。

iWatermark Pro 2Winマニュアル28iwatermark pro2マニュアル

XNUMX枚の写真に透かしを入れる場合は、場所を設定する簡単な方法がありますが、このような理由は、サイズと向きが異なるXNUMX枚またはXNUMX枚の写真に透かしを入れる場合でも、同じ場所に透かしを表示できるようにするためです。

テキスト透かしにはほとんどの設定があるので、それから始めました。 次の透かしの種類ごとに、テキスト透かしに含まれていない設定の説明のみを追加します。

テキスト透かしのタグ

Windows用iWatermarkPro2のタグ

タグは非常に便利です。 すべてのテキスト透かし設定(上記参照)で「タグの挿入」を使用して、その写真またはビデオのメタデータ(カメラモデル、作成日、連番、ファイル名、場所など)をその上に表示される透かしに入れます写真またはビデオ。 これらを使用して、独自にカスタマイズした透かしを作成し、写真のメタデータに応じて異なるさまざまな情報を写真に表示します。

これはさまざまな方法で使用できます。 以下に例を示します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル29iwatermark pro2マニュアル例1:各写真にシリアル番号などの一意の番号を119個のバッチで入れたいとします。上記では スクリーンショットでは、タグがテキストの透かしに追加され、写真に配置される方法を確認できます。 これで、バッチ内の各写真に一意のカウンターと合計が追加されます。 上の写真の左下、下の拡大写真で実際に動作しているのを見ることができます。 これは、この場合、写真がそれぞれ正しく番号付けされていることを示しています。021の番号119です。非常に便利です。

例2:タグを使用して、緯度と経度を1枚または10,000枚の写真に追加します。 プレビューで透かしを作成しているときに右側に表示されます。

例3:あなたが雑誌やウェブサイトのカメラのレビュー担当者であり、特定のカメラからの写真をテストしたいとします。 これを行うには、さまざまな方法で撮影された何百枚もの写真のさまざまな仕様を表示する必要があります。 困難な組織的タスク。 iWatermarkタグを使用すると、写真を撮る特定の瞬間にカメラの設定の仕様を各写真に配置できるため、この作業がはるかに簡単になります。

iWatermark Pro 2Winマニュアル30iwatermark pro2マニュアル
この画像には、特定の写真のタグ名とGPS(緯度と経度)を表示するタグ付きのラベルが表示されます。

アーク透かしのテキスト

Arc Text Watermarkは、曲線状のパス上にテキストの透かしを作成します。 

iWatermark Pro 2Winマニュアル31iwatermark pro2マニュアル

右側にはすべてのテキストアーク設定があります。 テキストの透かしなどに見られる設定があります。 これらの追加設定について以下に説明します。

自動サイズ半径–端が合うように、テキストに合わせるために必要な半径を自動的に設定します。 これは、以下の半径を上書きします。

半径–円弧の外側のテキスト

テキストAまたは∀–テキストを上下逆にレンダリングします。

角度–テキストを円弧の周りで回転させます。

角度–円弧上のテキストの角度を変更します。 または、ドットアイコンの付いた円で角度を回転させます。

ここに記載されていないその他の設定は、上記のテキスト透かし設定にあります。

バナー透かしのテキスト

バナー透かしは、背景を調整できるテキストです。 下のこの写真の下部にあるバナーを参照してください。

iWatermark Pro 2Winマニュアル32iwatermark pro2マニュアル

上記は、バナーの透かしの設定ダイアログです。 ご覧のとおり、写真の任意の面に調整可能なバナーが表示されます。 設定は非常によく知られており、それらのほとんどはテキストの透かしと同じです。 唯一の違いは、垂直または水平を選択できるラジオボタンです。

ロゴ/グラフィック透かし

グラフィック透かしは、ロゴ、アート、および署名に適しています。 ロゴまたは任意のグラフィックを使用しますが、背景が透明な.pngと呼ばれる特別なグラフィック形式である必要があります。 サンプルの署名、シンボル、およびその他のグラフィックには透明な背景があり、.pngファイルです。 つまり、グラフィックが正方形であっても署名自体のみが表示され、署名ではないものは透明であり、背景写真が透けて見えることを意味します。 これを行うファイル形式は、透明度付きの.pngと呼ばれ、透かしの背景を透明にすることができます(.jpgはこの透明度を許可しないため、.pngを使用する必要があります)。

iWatermark Pro 2Winマニュアル33iwatermark pro2マニュアル
ビットマップグラフィックの透かし設定ダイアログ。

これは、ロゴやその他のグラフィックアート用です。

1.ウォーターマークエディターで[新しいグラフィックの追加]をクリックします。 ロゴのような任意のグラフィックファイルを選択して、透かしとして使用できます。 グラフィックは、背景が表示されないように透明な.pngファイルである場合に最適です。 をご覧ください よくあるご質問 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。

2.いずれかのツールをクリックして、変更します 回転透明など。名前を付けて保存します。

3.新しい透かしがドロップダウンメニューに追加されます(上記を参照)。 写真に透かしを入れるには、それまたは他のものを選択してください。 表示されている透かしを削除するには、–ボタンを使用します

署名–ビットマップ透かしを使用して署名を透かしとして追加します。

署名の.pngファイルが必要です。 これはさまざまな方法で作成できます。
最も簡単な方法は、グラフィックデザイナーに依頼することです。
自分でやれ。 最初に、白い紙の上に黒いペンまたはマーカーで名前に署名します。 
次に、携帯電話を使用して紙に署名のスナップショットを撮るか、デスクトップスキャナーを使用します。
photoshopを使用するか、すべてのMacに付属のプレビューアプリを使用します。

線の透かし

iWatermark Pro 2Winマニュアル34iwatermark pro2マニュアル線の透かしは、ストックフォト会社による使用で最もよく見られます。 写真の中心から放射状に広がる線の透かし。 主なアイデアは、これが写真のほとんどの領域を覆うためにそれらの線を消すために多くの作業を作成するため、人々が写真をコピーするのを防ぐ強力な方法であるということです。

ラインウォーターマークの設定は、スクリーンショットの例に示されています。 設定はかなり明白です。 それらが何をするかを正確に見るためにそれらをすべてテストする価値があります。 明らかではない設定は、線の色をクリックした後に見られる不透明度です。 ダイアログは上のスクリーンショットの右下にあります。 そのダイアログの下部には、不透明度のドラッグバーがあります。

QRコード透かし

QRコード(「クイックレスポンス」の略)は、WebサイトのURL、プレーンテキスト、電話番号、メールアドレス、および4296文字までのほぼすべての英数字データを保存できる携帯電話で読み取り可能なバーコードです。 QRは優れた透かしを作成できます。

以下のQRサンプル画像には、当社のWebサイトURL https://plumamazing.comが含まれています。 iOSの両方のカメラアプリ(iOS 11)そして、純粋なAndroidカメラアプリはQRコードの情報をスキャンして操作できます。 ChromeはAndroidとiOSの両方でQRコードを読み取ることもできます。 アプリストアには他にも多くのQRスキャナーアプリがあります。 以下のQRコードをスキャンすると、当社のサイトに自動的にアクセスする選択肢が得られます。 自分のサイト用、または表示したい情報のあるページ用に作成できます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル35iwatermark pro2マニュアル

使用例。 QRは、写真や他のグラフィックスの透かしとして便利です。名前、メール、URLを保持して、あなたの創造性に応じてサイトや他の情報にアクセスできます。

1.大量の写真にQR透かしが付けられている場合があり、各QRは場所、条件、価格などの情報を含む独自のWebページにつながる可能性があります。

2. URL、メール、著作権、その他の情報を含むQRで写真に透かしを入れます。 Facebook、Twitter、その他のソーシャルメディアの写真とのつながりを維持するのに適しています。 ソーシャルメディアサイトに写真をアップロードすると、多くの場合メタデータが削除されます。 ソーシャルサイトは、テキスト、署名、グラフィックス、QRなどの目に見える透かしを削除しません。

3. Vimeo、YouTubeなど、またはあなたのサイトに説明ビデオを作成します。 ビデオへの直接リンクをQRに入れます。 ステッカーを印刷するための用紙を入手し、これらのQRコードの束を印刷します。 次に、このQRコードをマニュアルに平手打ちします。 ユーザーがより視覚的なサポートを必要とする場合、QRをスキャンしてビデオに直接移動できます。

目に見えない透かし

以下のXNUMXつの透かしは、適用すると、目に見える透かしのように写真の表面に表示されないという点で見えません。 データはそのファイルに隠されています。

メタデータの透かし

Windows用のiwatermarkpro2のメタデータエディタ
クリックして表示

メタデータは、写真のファイル形式のテキストと数字です。 メタデータ透かしは、写真のメタデータを追加、変更、および削除するために追加できます。 メタデータは、写真に関するさまざまな種類の情報です。 メタデータ透かしは非常に簡単に作成できます。 スクリーンショット(右側)は、メタデータ透かし画面を示しています。 

 
 

ステゴマーク透かし

Stegomarkは、iWatermarkステガノグラフィ透かしです。 これは、写真自体のカラー情報の情報を隠す透かしです。 カラー写真は実際にはたくさんの数字です。 ピクセルの色と位置を表す数字。 この膨大な数の中には、さらにいくつかの数字を隠すスペースがあります。 Stegomarkが行うことは、必要な情報を写真データに暗号化し、同じデータの暗号化を解除することです。 Stegomarkが作成され、iWatermarkに固有のものです。

誰かがあなたの写真からあなたの目に見える透かしを切り抜く可能性がありますが、Stegomarkは目に見えず、jpgの圧縮、トリミング、その他の変更に対して目に見える透かしよりも弾力性があるため、写真に埋め込まれたままになる可能性がはるかに高くなります。

重要:一度に使用できるステゴマークは1つだけです。 一方、複数の表示可能な(テキスト、グラフィック、qrなど)透かしを同時に選択して、写真に透かしを入れることができます。 StegoMarkで一度に処理できる写真の数に制限はありません。

重要:Stegomarkの25文字以下(推奨)では、透かしを入れた.JPG写真を再保存/再圧縮するときに最も弾力性があります。 最大80を使用できますが、メッセージの復元力に影響します。 URL短縮サービスを使用して、埋め込み用にURLを小さくできることを忘れないでください。

重要:Stegomarkは.jpgファイルでのみ機能します。 高解像度の画像である写真に最適です。 さまざまなパターン、色、テクスチャの写真は、Stegomarkからのより多くの情報を保持できます。 

例1:澄んだ青い空が大きく広がった小さな低解像度の画像は、アーティファクトを示す場合があります。 この画像を構成する数字は似ており、非常に整然としています。 エントロピーが少ないため、Stegomark情報に使用できるスペースが少なくなります。

例2:森、木、草、または空の高解像度画像は、(それを構成するすべての数値に関して)より多くのエントロピーを持っているため、Stegomark情報のためのより多くの余地があります。

Stegomarkは、写真用のステガノグラフィ透かしの最初の実装であり、iWatermarkでのみ使用できます。 ステガノグラフィとは、実際の写真画像データに目に見えない形で一部のデータを埋め込むプロセスを指します。

ステガノグラフィ(略してステゴと呼ばれることもあります)とウォーターマークという言葉からマークを組み合わせているため、ステゴマーク。 Stegomarksは、PlumAmazingで設計された特別なアルゴリズムを使用しています。 この特殊なエンコーディングにより、iWatermarkなしでそのデータを解読することはほとんど不可能になります。 パスワードがない場合、iWatermarkをコピーすると、iWatermarkによって写真に隠された非表示のテキストが表示される可能性があります。 パスワードがある場合は、パスワードとiWatermarkを持っている人だけが非表示のテキストを表示できます。

Stegomarkを使用するXNUMXつの方法は、メールアドレスまたはビジネスURLを写真に埋め込むことです。 これは、メタデータと表示されるテキストまたはロゴの透かしとともに、写真のクレデンシャルにさまざまな保護レイヤーを提供します。 それぞれの個別の透かしレイヤーは、所有権情報を維持するために、トリミング、再保存、名前の変更など、写真に対して実行できるさまざまな方法で抵抗します。

ステゴマークを作成する

「透かしマネージャ」ページを開き、青い「+」アイコンを選択すると、次のドロップダウンメニューが表示されます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル36iwatermark pro2マニュアル

最後のアイテムを選択してくださいStegomark…

「名前」には、このステゴマークのわかりやすい名前を付けてください。

入力に写真のバッチをドロップし、ステゴマークが選択されている場合、プロセスを押すと、パスワードを要求するか、パスワードを要求しないダイアログがポップアップ表示されます。

「テキスト」に、画像データに埋め込むテキストを入力します。

パスワードを使用しない場合、iWatermarkを使用している人は誰でもメッセージを読むことができますが、iWatermarkを使用せずにメッセージを読むことはほとんどありません。 さらにプライバシーを守るために、パスワードを入力してください。そうすれば、パスワードとiWatermark Proを持っている人だけが、写真の画像データに埋め込まれたテキストメッセージを読むことができます。

これが完了したら、Stegomarkの写真をエクスポートします。 次のセクションをチェックして、非表示の情報を確認する方法を確認してください。

Windows用のiwatermarkpro2のウィンドウメニュー
クリックして表示

ステゴマークの表示/確認

Stegomarkを読み取る最初の最も簡単な方法は、[Windows]メニューに移動し、[StegomarkViewer]という項目を選択することです。

写真をドラッグするか、選択ボタンを使用します。 パスワードがない場合は、すぐに内容が表示されます。 パスワードがある場合は、パスワードを入力して[適用]をタップします。 ここで明らかにされたテキストは「info@plumamazing.com」と言っています。

iwatermarkプロ2のstegomarkビューアが勝ちます

Stegomarkを読み取る2番目の方法は、エクスポートされたStegomark透かし入り写真を、iWatermark Proの入力ウェルにドロップするか、ファイルメニューから開くを使用して開きます。

次に、入力の左端で、アイコンの周りに円を付けてiをタップします。 情報ウィンドウが開きます。 下のスクリーンショットにあるように、この情報ウィンドウのStegomarkアイコンをクリックします。 パスワードをお持ちの場合は入力してください。

メイン 設定パネル

このセクションでは、メインウィンドウの上部にある各タブを調べて、詳細を説明します。

Windowsコピー用のiwatermarkpro2のパネルビュー

上記のツールバーの各タブは、特定の種類のアクションを扱う領域に対応しています。

1. メイン

iWatermark Proのメインウィンドウ。 透かしを入れる場所。

ファイルメニュー –左上には、新しい透かしの作成、透かしのインポートとエクスポートを可能にする2つの場所のXNUMXつがあります。

設定メニュー –以下で説明する「タブバー」の項目の設定を変更できます。

Windowsメニュー –「StegomarkViewer」、「Photo Info」、「SystemInfo」の情報ウィンドウを開きます。 

カスタマーサービス –オンラインマニュアルに移動し、オンラインで購入し、ライセンスを取得し、このアプリのWebページ、このアプリページについて、フィードバックを送信します。「iOS、Android用のiWatermarkアプリ」ページ、「アップデートの確認」、新しいバージョンの確認このアプリの。

Windowsユーザーインターフェイス用のiwatermarkpro 2タップして拡大

タブバー –一番上のリストには、実行できるすべてのアクションがあります。 iWatermark Pro 2 forWindowsの透かしリスト

透かし –透かし写真をオンにする必要があります。
フィルタ –サイズ、メタデータ、形式、名前、キーワードなどの属性に基づいて、インポートされた写真をフィルタリングできます。 たとえば、フォルダからは、キーワード「ロイター」を持つjpgのみに透かしを入れることができます。 
リサイズ –写真の解像度を変更します。
リネーム –さまざまなメタデータを使用してすべての写真の名前を簡単に変更できます。
サムネイル –透かし入りの写真と一緒にまたはそれとは別にサムネイルを自動的に作成します。
IPTC –さまざまな方法でメタデータを追加します。
ouputを –出力ファイルとフォルダーの設定
高機能 –あまり使用されない設定の設定。
登録 –アプリを購入してライセンスを取得する場所。

リスト/マネージャー–メインウィンドウの左側のウィンドウ(右側のスクリーンショット)。 ここで、XNUMXつまたは複数の写真に透かしを入れるために使用するXNUMXつまたは複数の透かしを選択します。

 透かしリスト

出力フォルダーの構造を設定できます。 フォルダー構造をPortrait / Landscapeサブフォルダーに変更すると、すべての入力写真がXNUMXつのフォルダーに分離され、一方にはPortraitが含まれ、もう一方にはLandscapeの向きの写真が含まれます。

入力– 入力する写真を選択する場所(上のメインウィンドウのスクリーンショットの下部)。 この領域をクリックしてファイルまたはフォルダを選択するか、処理するXNUMXつまたは複数のファイルをドラッグします。 入力領域には、ドラッグされたファイルの種類(JPEG、PNG、RAWなど)のアイコンが表示され、フォルダーも表示されます(下のスクリーンショット)。

勝利のためのiwatermarkプロ2のサムネイルでうまく画像
よくイメージ

Xをクリックして、選択したファイル/フォルダーを削除します。
虫眼鏡をクリックして、ファイルの場所を確認します。
「i」をクリックして、情報/プレビューウィンドウを表示します。 プレビューをクリックしても同じことが行われます。

処理中–透かし、サイズ変更、名前変更などの設定のこの領域の概要。ここでは、ドロップダウンメニューから使用する透かしをすばやく設定できます。 また、サイズ変更、サムネイル、EXIF / IPTC / XMPのオン/オフを切り替えたり、出力形式と品質(jpegの場合)を設定したりできます。

出力プレビュー –個々の写真、選択した写真、または写真のバッチに透かしを入れると、サムネイルのプレビューがリアルタイムで表示されます。 また、パス、処理された合計、およびウィンドウを閉じるためのボタンも提供します。

Windows用のiwatermarkpro2の出力ウィンドウ

a。 透かしリスト

iWatermark Pro 2 forWindowsの透かしリスト
透かしリスト

透かしリストはiWatermarkに固有のものです。 ここに、すべてのカスタム透かしとデモ透かしが保持されます。 透かしは次のようになります。

  • 作成した –下のスクリーンショットの左下にある「+」記号アイコンを右クリックまたはタップします。
  • 削除された –右クリックして「削除」を選択するか、左下の「-」記号アイコンをタップします。
  • 選択した –画像に透かしを入れます。 XNUMXつ以上を選択できます。
  • 保存 –いつでも再利用できるようにここに保存します。
  • 変更された –透かしをシングルクリックするか、右クリックして[編集]を選択します。
  • 名前が変更されました –右クリックして[名前の変更]を選択するか、右側の設定の上部にある名前を変更します。
  • 輸出 –電子メールまたはソーシャルメディアを介して透かしをバックアップおよび共有します。
  • ロックまたはロック解除 –ロックすると保護され、編集または削除できません。 ロック/ロック解除するには、ロックアイコンをタップします。

新しい透かしを作成します。 透かしリストの下部にある「+」アイコンをクリックして、作成できる多数の透かしタイプを確認します(下のスクリーンショット)。

新しい透かしメニュー

iWatermark Pro 2Winマニュアル37iwatermark pro2マニュアル

ここで、作成する透かしの種類を選択します。

b. 透かしエディター

新しい透かしを作成するには、[ファイル]メニューの[新しい透かし]をクリックするか、[+]ボタンをクリックします。これが表示されます。

iWatermark Pro 2Winマニュアル38iwatermark pro2マニュアル

上記の項目のいずれかをクリックすると、透かしエディターが開き、その透かしの種類が作成されます。 透かしの種類ごとに異なるエディターがあります。 テキストウォーターマークエディターは次のようになります。

Windowsユーザーインターフェイス用のiwatermarkpro 2タップして拡大

2. フィルタ

特定の種類のファイルを処理できるようにフィルターを設定します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル39iwatermark pro2マニュアルフィルタ

windows.png用のiwatermarkpro2のフィルターパネル

フィルタリングは、ここまたはメインページでオンにできます。 すべての種類の異なる形式の写真で満たされた入力にフォルダーをドロップしますが、.jpgファイルのみに透かしを入れたい場合は、フィルタリングが役立ちます。 入力ファイルを属性、キーワード、メタデータでフィルタリングします。

3. リサイズ

処理された写真のサイズとサンプリングを変更します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル40iwatermark pro2マニュアルリサイズ

Windows.png用のiwatermarkpro2のパネルのサイズ変更

リサイズ

このページまたはメインページでサイズ変更をオンにして、サイズ変更または透かしとサイズ変更を行います。 サイズ変更では元のサイズを使用して、特定のサイズのコピーを作成します。 幅と高さの範囲内でサイズ変更を読み取ります。つまり、それらのサイズ内で写真のサイズを変更します。 また、サイズを変更するために一般的に使用されるサイズである便利なプリセットを使用することもできます。

再サンプリング

サンプリングされた解像度を変更するために使用されます。 これは何を意味するのでしょうか? ここがいい 説明.

4. リネーム

処理されたすべての写真の名前を自動的に変更します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル41iwatermark pro2マニュアルリネーム

勝利のためにiwatermarkpro2のパネルの名前を変更

ここまたはメインページで名前変更をオンにします。 名前を変更すると、入力ファイルのコピーが作成され、上記の選択に基づいて決定した名前が付けられます。 ファイルの名前に追加するタグを選択するか、独自のプレフィックス/サフィックスを入力します。 タグは、写真内のその情報を表す変数です。 モデルは、新しいファイルの名前でカメラのモデルに入れます。 カウンターは、処理された写真ごとに1ずつ増加します。

ヒント:Windowsでは、[スタート]メニューをクリックし、[コントロールパネル]、[日付または時刻]の順にクリックします。 で時刻と日付の形式を設定します マック。 [システム環境設定]の[言語と地域]に移動し、[詳細設定]ボタンをクリックします。

ヒント:さまざまなタグ(日付、時刻、カメラ、モデルなど)をドラッグイン/アウトし、プレビューを見て、ファイル名がどのように見えるかを確認します。

5 出力

iWatermark Pro 2Winマニュアル42iwatermark pro2マニュアル 出力

Windows.png用のiwatermarkpro2の出力パネル

このペインの左側には、ファイル設定があります

ここでは、ファイル形式、拡張子、品質、およびJPEGプログレッシブを変更できます。 ここでも多くのエクスポート設定を利用できます。

画像形式: 出力形式をjpeg、TIFF、Photoshop PSD、PNG、BMP、JPEG 2000から変更します。

ファイル拡張子:あなたが何をしているかを知っていて、特定の理由がない限り、これを変更しないでください。 一部の人々はこの機能を求めましたが、それはアイコンをダブルクリックしてもその拡張機能に依存するアプリが開かないことを意味します。

品質: 品質スライダーを変更すると、JPEG圧縮を変更することになります。 100から指定できます。つまり、品質はまったく同じか無損失です。 残念ながら、100に設定するとファイルサイズが大きくなります。これはすべてのアプリケーションに当てはまります。 デフォルトの85の設定をお勧めします。 85は、元のファイルよりも優れた品質とわずかに小さいサイズを提供します。 品質の詳細については、次のオンライン記事で説明しています。
http://blog.phaseone.com/tag/jpeg/

これに関する別の優れた記事:
http://regex.info/blog/lightroom-goodies/jpeg-quality

どちらも85を推奨する理由を理解するのに役立ちますが、必要に応じて変更してください。

小文字の拡張子: 拡張機能を小文字にします。 ケースを保持するためにオフにします。

JPEGプログレッシブを使用(推奨): これをお勧めします。 プログレッシブJPEG(p-JPEG)は通常、ベースラインJPEGよりもわずかに小さいですが、主な利点は、上から下にペイントするのではなく、インターレースGIFと同様に、段階的に表示され、画像のフェードインの効果が得られることです。

このペインの右側には、フォルダ設定がありますiWatermark Pro 2Winマニュアル43iwatermark pro2マニュアル

フォルダは、自動(デフォルト)または手動で作成および使用するように設定でき、フォルダの場所を自分で設定できます。 右側の画面。

出力構造メニュー: 日付と時刻(サブフォルダ)がデフォルトですが、このメニューの他のオプションのいずれかに変更できます。 これが透かし入りの写真の保存方法です。下のメニュー.出力フォルダの構造設定

7. サムネイル

処理された写真のサムネイルを作成します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル44iwatermark pro2マニュアルサムネイル

Windows用のiwatermarkpro2のサムネイルパネル。

ここまたはメインページでサムネイルをオンにして、処理された各ファイルの特定のサイズのサムネイルを取得します。 サムネイルは、他の写真とともに出力フォルダーに直接処理されますが、通常の写真と区別するための拡張子が付いています。

出力フォルダーの新しいフォルダーにすべての新しいサムネイルを含める場合は、「サムネイルに個別のフォルダーを使用する」を選択します。

8. EXIF / IPTC / XMP

上記のEXIF、IPTC、およびXMPはすべて、メタデータの種類です。 iWatermarkは、メタデータを使用して3つのことを実行できます。

1.写真のメタデータを追加および削除できます。

2.透かしのメタデータを追加および削除できます。

3.メタデータは、目に見える透かしで表示できます。

まず、ポイント1について説明します。

1.写真のメタデータを追加および削除します。

iWatermark Proは、メタタグ情報を保存、削除、埋め込むことができます。 また、このメタタグ情報を使用して、写真に透かしを入れることができます。 EXIF、IPTC、およびXMPの詳細については、こちらをご覧ください。

iWatermark Pro 2Winマニュアル45iwatermark pro2マニュアルEXIF / IPTC / XMP

Windows用のiwatermarkpro2のメタデータパネル。

既存のメタデータを保持する– デフォルトでオンになっています。 これにより、元のファイルのすべてのメタタグ情報がコピーされたファイルに複製されます。

有効なIPTC / XMPメタデータを追加– これを選択すると、チェックされたすべてのメタタグ (上記のダイアログのユーザーカスタマイズ)は、元のファイルのコピーに追加されます。

[基本]、[専門]、および[企業]というドロップダウンメニューを使用して、編集および使用するメタタグの数を選択できます。 チェックオフしたすべてのアイテムは、ファイル内の既存の情報を上書きします。

ヒント:TIFFでは、「iWatermark Pro」がソフトウェアの下に追加されます(以下を参照)。

すべての透かし入り画像のメタデータを使用して検索する必要がある場合、これは機能します。

2。 透かしのメタデータの追加と削除。

透かしにメタデータを追加することの有用性は、写真に透かしを入れるたびに、特定のメタデータのセットを同時に追加することです。

iWatermarkは、これを実現できる唯一のプログラムです。 なぜこれが便利なのですか? 写真家として、写真の上にロゴ付きの目に見える透かしを入れ、同時に著作権、会社名、URL、電子メール、および/または必要なその他のテキストデータなどの選択したメタデータを追加する透かしを作成できます。

メタデータを透かしに埋め込む方法。 

  1. まず、透かしを選択します。 
  2. 次に、EXIF / IPTC / XMPパネルに移動し、透かしに埋め込むデータを入力します。 
  3. 次に、ウォーターマークマネージャーで、設定ドロップダウンメニューを選択し、[埋め込み]アイテムを選択します。

この情報は、ウォーターマークマネージャーのIPTC / XMPの列に表示され、次のようになります。

iWatermark Pro 2Winマニュアル46iwatermark pro2マニュアル

3.メタデータは、目に見える透かしで表示できます。 これはタグと呼ばれます。

これを行うには、新しいテキスト透かしを作成します。カメラモデルなどのEXIF、IPTC、XMPメタデータ変数を透かしのテキストとして選択します。処理されると、その情報が写真に表示されます。 透かしを作成するときに、このメニューからタグ情報を選択します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル47iwatermark pro2マニュアル

写真のテキスト透かしでタグメタデータを使用する写真のデモ。 また、メタデータパネルから追加された「作成者」や「著作権情報」などのメタデータも表示されます。
iWatermark Pro 2Winマニュアル48iwatermark pro2マニュアル

9. 高機能

通常は変更する必要のない設定であるため、詳細。 また、変更する前にまずそれらについて読むことをお勧めします。

iWatermark Pro 2Winマニュアル49iwatermark pro2マニュアル高機能

iWatermark Pro 2Winマニュアル50iwatermark pro2マニュアル

左側の設定

ピクセルと%を使用 エディターで –有効にすると(デフォルト)、メジャーにピクセルを使用します(相対)。 設定がオフの場合、メジャーにはパーセンテージ(絶対)を使用します。

高速並列処理 –ハードウェアにコアがある場合は、より多くのコアを利用するため、より高速です。

バックアップファイルの保存を有効にする –これは、元のファイルが保存されている場所を示す下のボタンとペアになっているため、ユーザーが元のファイルを上書きした場合、それらは常にバックアップになります。

エディターでカラープロファイルを表示する –オンの場合、透かしエディタの設定でカラープロファイルが使用されます。 これをオンにすると、より多くのCPU / GPUが必要になります。 出力は同じです。

カラープロファイルが埋め込まれていない画像の場合は、次を使用します。
RGBプロファイル:
CMYKプロファイル:
灰色のプロファイル:

入力で定義されていない場合は、選択したICCプロファイルを追加します

入力を削除し、選択したICCプロファイルを追加します

右側のボタン

ライブラリファイルを表示 –保存したWatermarksフォルダー、ColorProfiles、Images、iWatermark Pro 2 Backups、Metadataが存在するフォルダーを開きます。 また、ここでアクセスできます。
C:\ Users \ info \ AppData \ Roaming \ iWatermark Pro 2

時々「透かし」フォルダをバックアップすることをお勧めします。 または、ドライブの完全バックアップを実行する場合、透かしを再インポートするときに、ここで透かしを取得できます。

設定ファイルを表示 –設定ファイルの場所にあるフォルダーを開き、強調表示します。

バックアップファイルを表示 –このボタンは、バックアップフォルダを開きます。 iWatermark Pro 2は、設定(右側)の[バックアップを有効にする]がオンになっている場合に元の画像のコピーを作成し、XNUMX番目のコピーがあることを確認します。 これらのバックアップは時間の経過とともに多くのディスク領域を占有する可能性があるため、元のバックアップを誤って削除していない場合は、これらのバックアップを削除することをお勧めします。

すべてのデフォルトをリセット –アプリケーションを元のデフォルト設定にリセットします。 これは、問題が発生した場合に使用すると非常に便利です。

埋め込みプロファイルのない画像の場合 – MacまたはWindowsに付属する、またはNikon、Canon、またはその他のソフトウェアからロードされるさまざまなプロファイルを選択できます。 ICCカラープロファイルの詳細については、 詳細を見る.

ロギング –この下部領域には、右側に[コンソールログを開く]ボタンがあります。 フィルタリング、スキャン、IPTC、ファイルの書き込み、設定の読み込みなどのチェックボックスは、特定の情報をログファイルに追加する場合に使用します。 これは、テクニカルサポートから要求された場合にのみ必要です。 この情報は、プログラマーに役立ちます。

テーマ

iWatermark Pro 2Winマニュアル51iwatermark pro2マニュアル

マニュアルのスクリーンショット(上記のような)に表示されているユーザーインターフェイスのさまざまな色を見てきました。 これを行う方法は、前のセクションで見た「詳細」設定にあります。 下のスクリーンショットの上部にある[詳細設定]設定で、[テーマ]タブが選択されていることがわかります。

Windows用のiwatermarkpro2のテーマ設定

上記では、「テーマの選択」と「テーマの色」を使用して、テーマの色を変更し、「適用」ボタンを押して選択を確認できます。 'フォントサイズを変更します。

10 登録

iWatermark Pro 2Winマニュアル52iwatermark pro2マニュアル登録

このタブは、Apple App StoreではなくiWatermark Proを購入した場合に登録情報を入力する場所です。 ここに、iWatermark Proの購入時に自動的に送信された登録情報を配置します。 情報を入力して適用ボタンを押すと、現在登録されていることを示すダイアログが表示されます。

Windowsエクスプローラーの使用

Windowsエクスプローラーから透かしを適用します。 Windowsバージョンのリリース2.0.1以降、Windowsエクスプローラー内から透かしを適用できます。 この機能はシェル拡張と呼ばれます。 画像ファイル(JPEG、PNG、TIFF、BMP、PSD)を右クリックし、[透かしとiWatermark Pro]を選択し、階層メニューで透かしのXNUMXつを一覧表示します。

これで画像に透かしが入ります。 早くて簡単。

注:ファイル形式は同じままですが、アプリケーションのメインパネルから画質を制御できます。 シェル拡張の制限:

1.一度にXNUMXつの透かしを適用できます。

2.サムネイルは生成されません。

3.画像ファイルが別のアプリケーションによってロックされている場合、動作しません。

4.読み取り専用ファイルに透かしが入りますが、読み取り専用ではなく書き込み可能になります。

メニュー

ファイルメニュー

iWatermark Pro 2 forWinのファイルメニュー

新しい透かし–エディターで新しい透かしを作成します。 このメニューの下にある[透かしを追加]の横にある[+]ボタンをタップするのと同じです。 オプションは、テキスト、円弧上のテキスト、テキストバナー、グラフィック/ロゴ/署名、線、QRコード、またはステゴマークを作成することです。

透かしを編集–メインパネルの[編集]ボタンを選択するのと同じことを行います。

透かしを保存 –透かしエディタで名前の横にある[保存]ボタンを選択するのと同じことを行います。

-

透かしをインポート –エクスポートされた透かしファイルをインポートします。

透かしをエクスポート –下のアイコンで現在のウォーターマークファイルをエクスポートします。

エクスポートされた透かしにはテキストとグラフィックが含まれますが、フォントは含まれません。 その後、これもiWatermark Proを別のコンピューターにインポートできます。 他の人と透かしを共有するのに非常に便利です。

iWatermark Pro 2Winマニュアル53iwatermark pro2マニュアル

エクスポートアイコン

-

フォルダーを設定–これは、メインパネルで実行できるのと同じ入力/出力/サムネイルの設定を行います。

勝つためにiwatermarkpro2にフォルダを設定する

設定メニュー

勝利のためのiwatermarkプロ2の設定メニュー

このメニューは、メインウィンドウの上部にあるタブを操作および選択するもうXNUMXつの方法です。 必要に応じて、上記の「フィルター」のようにメニュー項目の横にチェックマークを付けて、次の透かしセッションで使用していることを示すことができます。 または、単語をクリックしてそのパネルに直接移動し、この場合はフィルター設定を設定できます。

Windowsメニュー

勝利のためのiwatermarkプロ2アプリのWindowsメニュー

ここで、これら3つのウィンドウを選択して開くことができます。

Stegomarkビューアこれにより、写真のステゴマークを表示および確認できます。 詳細とスクリーンショットについては、ここをクリックしてください。

写真情報 – EXIF、IPTCなどのさまざまなメタデータを表示します。

iwatermarkプロ2勝の写真情報パネル

システム情報 –システム情報を表示します。

iWatermark Pro 2Winマニュアル54iwatermark pro2マニュアル

ヘルプメニュー

iwatermark pro2winのヘルプメニュー

マニュアル/ヘルプ –現在使用しているオンラインマニュアルを開きます🙂
オンラインで購入する –プラムアメージングストアに移動します
登録キーを取得する –ライセンスの電子メールを紛失した場合は、再送してもらうことができます。
ウェブページ –この新しいiWatermark Pro 2 forWindowsのページ
企業概要 –歴史について少し。
フィードバックを送信 –テクニカルサポート、質問、提案はここにあります。
iOS、Androidの詳細情報 –素晴らしい写真を撮って共有したいが、最初に透かしを追加したいときにスマートフォンにiWatermarkが必要な場合。
更新を確認 –自動または手動で新しいバージョンを確認します。

分担

iWatermark Pro 2Winマニュアル55iwatermark pro2マニュアル

ドロップボックス 透かしのバックアップと共有に使用されます。

Dropboxアイコン –ここをクリックしてDropboxサイトにアクセスし、無料の2GBオンラインストレージ領域を作成します。

Dropboxのアップロード– Dropboxアカウントを取得したら、このボタンをクリックしてアップロードします。 透かしをオンラインでバックアップすることをお勧めします。 また、透かしや設定を他のコンピューターと同期することもできます。

Dropboxダウンロード –透かしと設定をDropboxからコンピューターにダウンロードします。

Dropbox削除–Dropboxの透かしと設定を削除します。

写真公証人–これは透かしをバックアップするために作成したサービスでした。 クラウドサービスでした。 利用できなくなりました。 これを置き換えるために、ユーザーが透かしをエクスポートして独自のクラウドサービスを使用できるようにします。

よくあるご質問

よくあるご質問

Q:問題が発生しています。
A:問題が何であれ、次の手順に従ってください。

最初:コンピュータを再起動します。 これによりアプリがリセットされ、コンピューターの問題が解決する場合があります。 再試行

XNUMX番目:バックアップされていることを確認します。 次に、透かしを安全な場所にエクスポートします。 [詳細設定]タブに移動し、[すべてのデフォルトにリセット]ボタンをクリックします。 これは通常、人々がさまざまな設定に変更を加えたことを忘れてしまうという問題に対処します。 その後、再試行してください。

2番目:プログラムを開き、[バージョン情報]メニュー項目の[iWatermark Pro]メニューで、実行しているバージョンを確認し、最新でない場合はダウンロードします。 古いiWatermarkProではなく、アプリケーションフォルダに最新のiWatermarkProXNUMXがあることを確認してください。

XNUMX番目:登録されていることを確認します。 上記を参照。

XNUMX番目:シンプルに始めましょう。 簡単な透かしを試してください。 XNUMX枚の写真を入力トレイにドラッグし、空のフォルダーを出力トレイにドラッグします。 ドロップダウンメニューからデモの透かしのいずれかを選択します。 ヒットプロセスは、出力フォルダーをチェックして、写真に透かしが入っていることを確認します。

それでも問題が解決しない場合は、メールでこの情報を送信してください。

1.上記の手順に従ったかどうかをお知らせください。

2.使用している写真を送ってください。 また、使用している透かしをエクスポートして送信します。

3. iWatermarkで問題が発生した後、コンソールログを送信してください。 これを行うには、コンソールログを開き、[コンソールログを開く]という詳細タブのボタンを押します。 コンソールログをクリアしてから、iWatermarkを再度実行して問題を引き起こし、結果の情報をコンソールログにコピーして、電子メールで送信してください。

Q:古いiWatermark透かしをインポートするにはどうすればよいですか?
A:詳細タブに移動し、インポートボタンを押します。 一度だけ押すか、重複を取得します。

Q:透かしの名前を変更するにはどうすればよいですか?
A:透かしマネージャーで、透かし名をクリックして変更します。 透かしを選択して、エディターで開くこともできます。 右下で名前を変更し、保存をクリックします。

Q:あなたの透かしの例はとても良いです。どうすれば自分で編集できますか?
A:それらを選択して編集ボタンをクリックするだけです。 最後にcopyという単語を追加して、同じタイトルの新しいものを作成します。 一部のテキストには白いテキストがあり、白い背景でははっきりしない場合があることに注意してください。 テキストをドラッグして選択し、好きなように変更します。 多くの場合、デモの透かしでは、アドレス帳から主要な連絡先(通常はあなた)をプルするタグを使用します。

Q:写真に一度に複数の透かしを追加できますか?
A:はい、処理ボタンを押す前に透かしマネージャで透かしを選択してください。 More details are above in the Quick Start.

Q:含めるデモシグネチャのような透明な背景を持つ透かしを作成するにはどうすればよいですか?
A:その非常にシンプルで中間のグラフィックプロなら、誰でもできることを知っているでしょう。 ここにいくつかのチュートリアルがあります、 チュートリアル1 及び チュートリアル2.

Q:登録に問題があります。 私は何をすべきか?
A:登録に問題がある場合は、次の手順に従ってください。

1。 チェック Mac or Windows 私たちのサイトのアプリページを使用して、最新バージョンを入手し、それがアプリケーションフォルダーにあることを確認してください。

2.すべての古いバージョンを削除します。

3.ライセンスキーを使用してアプリを登録します。 アプリの購入後に送信されたメールの指示に必ず従ってください。

4.「登録されていません」というダイアログが表示された場合は、アプリの購入時に受信した登録メールから登録データをコピーして貼り付けてください。

5. [登録の適用]ボタンをクリックすると、これが表示されます(下図)。 それ以外の場合は、ご質問があればお問い合わせください。

iWatermark Pro 2Winマニュアル56iwatermark pro2マニュアル

Q:Dig​​imarcは、実際の写真家が写真に透かしを入れるための真剣な方法ではありませんか?
A: 何千人もの真面目なプロの写真家がiWatermarkを使用しています。 私たちがiWatermarkを開発した理由は、写真に透かしを入れる必要があり(私たちの何人かは写真家です)、簡単、安価、効果的に機能するものが必要だったためです。 Digimarcや、画像に透かしを埋め込む他の多くの方法を調査しました。 Digimarcの費用は年間数百ドルであり(画像の数に基づいて課金されます)、Digimarcの手法は絶対確実ではなく、実際にはそれほど実用的ではありません。 Digimarcのような目に見えない方法でデータを埋め込むと、人々はそれを見ることができません。 iWatermarkのように目に見える透かしを行うソフトウェアと、Digimarcのように隠し透かしを行うソフトウェアがあります。 iPhoneを持っていて、公園で紛失した場合、名前と電話番号が刻印されていれば(iWatermark)、フラッシュドライブに情報が隠されている/暗号化されている場合(Digimarc)、iPhoneを取り戻す可能性がはるかに高くなります。

これらの事実を考慮して、最初から、iWatermarkは簡単で安価で、目に見える透かしと同様に隠し透かしを使用することを決定しました。 私たちが決定した最も効果的なアプローチは、数百の画像をバッチ処理し、美しい透かし(ロゴ、署名、著作権など)を付けることができるソフトウェアを作成することでした。 これは、あなたの所有権を公開している人々にすぐに通知します。

削除できますか? はい、しかし同じことがDigimarcにも当てはまります。 画像をjpgで保存すると、再圧縮されます(jpgは圧縮形式です)ピクセルはすべてシャッフルされて再配置され、埋め込まれたDigimarc情報が失われます。 残念ながら、私たちはまだデジタル時代の初期であり、知的財産の著作権は完全ではありません。 これはミュージシャン、映画製作者、写真家、ソフトウェア開発者にとって問題です。 私はこのテーマでグーグルをしたところ、写真家がこの興味深いリンクを見つけて、そのケースを非常によく述べています。

http://www.kenrockwell.com/tech/digimark.htm

Digimarcは、立ち入り禁止の標識をその下に埋めることで、自分の土地を保護していると考えるようなものです。 誰もそれを見ることができず、彼らはその公有地を考え、彼らが望むことをすることができると思うでしょう。 あまり効果的ではありません。 現実には、いくつかの財産があなたのものであることを完全に明らかにすることが、依然として保護と最初の防御の最良の手段です。 それが、iWatermarkを作成した理由です。 iWatermarkは、隠しウォーターマークではなく、目に見えるウォーターマークを使用するという意識的な選択でした。 また、誰でも使用して理解できる、使いやすく、実用的で安価な方法を提供したいと考えました。

最後に、iWatermarkが(デジタル著作権管理の)最初の防衛線になったとしても、Digimarcのような他の方法も使用できない理由はありません。

Q: Facebook、Twitter、Instagram、Tumblrなどに配置した写真に透かしを入れる必要があるのはなぜですか。
A: 素晴らしい質問です! これらのサービスはすべてメタデータを削除し、その写真をあなたに結び付けるものは何もないからです。 人々はあなたの写真を自分のデスクトップにドラッグし、あなたとのつながりがなく、あなたがそれを作成または所有しているという情報がファイルになくなるまで、他の人と共有できます。 透かしは、写真があなたのIP(知的財産)であることを誰もが明確にすることを保証します。 撮影した写真がいつ流行るかはわかりません。

Q: iOSバージョンのiWatermarkにあるフォントを使用するにはどうすればよいですか?
A: 現在、簡単な方法は、iPhotoおよびApertureプラグインのインストーラーに移動し、それらのプラグインとフォントを同時にインストールすることです。

また、iOS 5、iOS 6、iOS 7などのiOSシステムバージョンで使用可能なフォントは次のとおりです。

http://iosfonts.com

Q: 友人から透かしをもらいました。 私がそれをインポートしたとき、それは彼らのものとまったく似ていませんでしたか?
A: 透かしを他のコンピューターにエクスポートして共有し、同じように見えるようにするために努力しましたが、これらの要因によって違いが生じる可能性があります。

1.オペレーティングシステムが異なると、グラフィックス、色、ディスプレイなどの処理が少し異なります。

2.異なるフ​​ォント。 同じフォントを使用していない場合は、外観に違いが生じます。 同じフォントでもバージョンが異なる場合があります。

フォントソリューション:

1.友達に正確なフォントを送ってもらいます。
2.無料で見つけるか、同じフォントをオンラインで購入します。
3.フォントとプラグインのインストーラーをダウンロードし、そこからフォントをインストールしたことを確認します。これは、iOSとAndroidで使用される追加のフォントの多くです。

Q:透かしテキストを90度または270度回転すると、非常に小さくなります。 幅/高さのパーセンテージが回転角に従わないようなものです。
A:これは、スケーリング用に選択した方法の結果です。 透かしエディターで透かしを作成すると、デフォルトで水平に設定されます。 水平または垂直を選択すると、ジャンプして小さくなり、大きくなりますが、スケールなしを選択すると、通常どおりに動作します。 スケールなし、水平および垂直スケーリングを使用することのトレードオフを理解することが重要です。 それらのトレードオフと、iWatermarkが機能する理由を説明します 詳細を見る.

Q:透かし内でタグを使用すると、透かしが表示されませんか?
A:タグが埋め込まれている写真が必要です。写真が表示されない場合、写真には何も表示されません。 動作する別の方法は、iWatermarkのEXIF / IPTC / XMPエリアに入力したタグをプッシュすることです。

Q:iWatermarkでPhoto Browserを使用するにはどうすればよいですか?
A:Lightroom、Xee、iMedia、ACDSee、Photos、QPict、およびその他の画像ブラウザーはすべて、iWatermarkProで簡単に使用できます。

写真またはフォルダーをiWatermark Proにドラッグまたは選択し、通常どおり透かしを入れます。

Q:iWatermark ProはiWatermarkよりもはるかに高速ですが、何千枚もの写真を処理する必要があります。 速度を最適化するためのヒントはありますか?
A:開いている場合は情報ウィンドウを閉じます。 開いている場合はプレビューウィンドウを閉じます。 XNUMXつのドライブで入力し、別のドライブで出力します。 より高速なプロセッサ、より多くのメモリ、フラッシュドライブやRAIDドライブなどの高速ドライブがすべて役立ちます。

Windows

Q:Mac用のiWatermark Proはありますか?
A:はい、Mac用のiiWatermarkProがあります。iOSとAndroid用のiWatermark+があります。

Q:透かしはWindowsの次の場所に保持されます
A:これは、透かしデータへのパスです。
C:\ Users \ UserProfileName \ AppData \ Roaming \ iWatermark Pro \ watermarks

Q:すべての設定ファイルはどこに保存されますか?
A:それらを見つける最も簡単な方法は、メインウィンドウの[詳細設定]タブをタップし、次に[ライブラリ]ボタンをタップして、iWatermark Proから保存されたすべての設定を表示することです。
またはここに行きます:

C:\ Users \ [ユーザー] \ AppData \ Roaming \ iWatermark Pro \
–ライブラリの表示このフォルダーの表示:

を含む:

ColorProfiles /
画像/
テキスト/
透かし/

[バックアップを表示]ボタンをタップすると、ここに移動します。

C:\ Users \ [ユーザー] \ AppData \ Local \ iWatermark Pro \

このフォルダにはバックアップファイルが含まれています– 
ログファイル– [コンソールログの表示]ボタンをクリックしてこのフォルダを開きます。

カラープロファイル

Q:透かし入りの写真のアイテムの色が元の写真のアイテムと異なるのはなぜですか?
A:これは、カラープロファイルの問題が原因である可能性があります。 カラープロファイルは非常に複雑です。 Macでは、モニターで見たものを印刷したものと同じにしようとしない限り、通常、カラープロファイルが問題になります。 Windowsでは、この問題はより頻繁に発生する可能性があります。

Windows

    1. Lightroomを閉じます。
    2. [スタート]メニュー> [コントロールパネル]> [カラーマネジメント]に移動します。
    3. まだ選択されていない場合は、[デバイス]タブをクリックします。
    4. [デバイス]ポップアップから、モニターを選択します。 複数のモニターを接続している場合、[モニターの識別]ボタンを押すと、識別のために画面に多数の数字が表示されます。
    5. [このデバイスの設定を使用する]チェックボックスをオンにします。
    6. (デフォルト)とマークされている現在選択されているプロファイルをメモします。 既存のプロファイルがない場合は、この手順をスキップできます。
    7. [追加]ボタンをクリックします。
    8. [カラープロファイルの関連付け]ダイアログで、sRGB IE61966-2.1(sRGBカラースペースプロファイル.icm)を選択し、[OK]を押します。
    9. [色の管理]ダイアログに戻り、sRGBプロファイルを選択して[デフォルトプロファイルとして設定]をクリックし、ダイアログを閉じます。

Mac OS Xの

    1. Lightroomを閉じます。
    2. [システム環境設定]> [表示]に移動します。
    3. [色]タブを選択します。
    4. [調整]ボタンを押して、指示に従います。
    5. エキスパートオプションをオンにし、ガンマに合わせて調整します

カラープロファイルの詳細はこちらをご覧ください。

http://www.color.org/srgbprofiles.xalter#v4app
 
アドビのエンドユーザーリンク:
 
https://supportdownloads.adobe.com/product.jsp?product=62&platform=Mac
https://supportdownloads.adobe.com/product.jsp?product=62&platform=Windows

Q:CMYK画像がプロセスバッチにある場合、カラーモードはRGBに変更されますか?
A:はい、iWatermarkは現在RGBのみを処理しているため、CMYKイメージを開きますが、プロセスで変換します。

Q:iWatermark ProはどのRAWファイル形式を読み取りますか?
AWindowsユーザーは、MicrosoftのCamera Codec Packを入手してインストールできます。 

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26829

Q:RAWで撮影すべきですか?
A:それは素晴らしい質問です。 それはあなたとあなたが何をしているかに依存します。 この記事はそれをうまくカバーしています。
https://nightskypix.com/raw-vs-jpeg/

Q:メタデータの一部を使用してファイルに透かしを入れることはできますか?
A:はい、とても便利なので試してみることをお勧めします。 [テキストウォーターマークを追加]ドロップダウンメニューに移動し、[メタデータ]を選択して、EXIF、IPTC、またはその他の選択肢のいずれかを選択すると、処理時に適切なデータを挿入するテキスト変数がドロップされます。

Q:XMPとは何ですか? IPTCとは何ですか? EXIFとは何ですか?
A:をご覧ください 用語セクション.

Q:2台のコンピューターでiWatermarkを使用できますか?
A:はい、あなたが唯一のユーザーである場合。 あなたと他の誰かが両方のマシンでiWatermarkを使用する場合、ライセンスには別のコピーを購入する必要があります。

Q:iWatermark Proはどのくらいのファイルに透かしを入れることができますか?
A:RAMメモリの容量に依存します

Q:Lightroomを使用しています。 なぜiWatermarkを使用する必要があるのですか?
A: iWatermarkには、Lightroomにはない透かしツールが用意されています。 たとえば、Lightroomのテキスト透かしはピクセル単位の固定サイズであるため、透かしは、透かしを入れる写真の解像度によって異なります。 一方、iWatermarkにはテキストの透かしがあり、オプションで解像度またはポートレート/風景に応じて比例的に拡大縮小します。 Lightroomはピクセルを使用してウォーターマークの位置を決定しますが、iWatermarkは、解像度またはポートレート/風景に基づいてウォーターマークを比例的に配置します。 つまり、解像度やランドスケープやポートレートの向きが異なる一連の写真に透かしを入れると、iWatermarkはこれらすべての種類の写真で同じ外観/同一性を維持する透かしを付けることができます。 iWatermarkには、拡大縮小しないオプションもあります。 これらは2つの大きな違いです。

透かしの共有

透かしをエクスポートして電子メールで送信するか、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive…フォルダーに配置して他のコンピューターで使用できるようにします。 Mac / Windows間で他のコンピューターやモバイルデバイスに使用できるようになりました。

Dropbox –クリックして2GBの空き容量のある無料アカウントを取得 詳細を見る.

Googleドライブ–アカウントを取得する 詳細を見る 5 GB無料。 Googleドライブの概要 詳細を見る.

OneDrive –アカウントを取得する 詳細を見る 7 GB無料。

Macで誰かが(電子メールまたは上記のサービスのいずれかで)送信した透かしをダブルクリックするだけで、お使いのバージョンのiWatermark Pro for Macを開いてインストールできます。

エクスポートされた透かしには、このようなアイコンがあります。

用語

電子透かし –信頼性または所有者の身元を確認するために使用される可能性のあるメディアファイルに情報を埋め込むプロセス。

透かし –特定のデジタルメディアの所有者を識別する可視および/または不可視の電子透かし。

目に見える電子透かし写真に表示される情報。 通常、情報はテキストまたはロゴであり、写真の所有者を識別します。 その情報は画像情報にマージされますが、表示されたままです。

目に見えない電子透かし-写真の画像データ内に埋め込まれた情報ですが、人間の視覚には感知できないように設計されているため、隠された情報です。 ステガノグラフィは同じ目的を使用しますが、同じ手法を使用します。

メタデータ–は、あらゆる種類のファイルに埋め込まれた記述情報です。 EXIF、XMP、およびIPTCの下のすべてのアイテムは、写真に追加されるメタデータです。 メタデータは実際の画像データを変更しませんが、ファイルに便乗します。 Facebook、Flickr、その他のオンラインソーシャルプラットフォームは、このメタデータ(EXIF、XMP、IPTC)をすべて削除します。

EXIF情報– Exif –交換可能な画像ファイル形式(Exif)ほとんどすべてのデジタルカメラが写真内に保存するメタデータの一種。 EXIFには、撮影日時、カメラ設定、サムネイル、説明、GPS、著作権などの固定情報が保存されます。 この情報は変更するためのものではありませんが、オプションで写真から削除できます。 この仕様では、既存のJPEG、TIFF Rev. 6.0、およびRIFF WAVファイル形式を使用し、特定のメタデータタグを追加しています。 JPEG 2000、PNG、またはGIFではサポートされていません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Exif

IPTC–テキスト、画像、その他のメディアタイプに適用できるファイル構造とメタデータ属性のセットです。 これは、新聞や通信社の間での国際的なニュース交換を促進するために、International Press Telecommunications Council(IPTC)によって開発されました。

http://en.wikipedia.org/wiki/IPTC_(image_meta-data)

XMP– Extensible Metadata Platform(XMP)は、デジタル写真にメタデータを保存するために使用される特定の種類の拡張可能なマークアップ言語です。 XMPはIPTCを包含しています。 XMPは2001年にアドビによって導入されました。アドビ、IPTC、およびIDEAllianceは、2004年にIPTCヘッダーからメタデータ値をより現代的で柔軟なXMPに転送するIPMPコアスキーマを導入するために協力しました。

http://www.adobe.com/products/xmp/

タグ–メタデータの一部です。 EXIF、IPTC、およびXMP内の各アイテムはタグです。

Winの技術情報

サイレントインストールを実行するには、1.1.3インストーラのコマンドラインは次のとおりです。

iWatermarkPro.win.x86x64.1.1.2.exe [/ install | /アンインストール] [/ quiet] [/ log]

コマンドライン引数のヘルプを表示するには

iWatermarkPro.win.x86x64.1.1.2.exe /?

コマンドライン引数ヘルプには多くのオプションがありますが、次の引数がサポートされ、テストされています。

/インストール

/アンインストール

/静か

/ログ

技術サポート

iWatermarkのサポートオプションについては、以下をご覧ください。

オンラインサポート

シリアル番号を取得

iWatermarkとiWatermark Proのシリアル番号は異なります。 あなたがiWatermarkの所有者であり、アップグレードを希望する場合は、ご連絡ください。注文したメールと名前をお知らせください。

あなたからのお便りを楽しみます。

プラムアメージングの人々

iWatermark Pro 2Winマニュアル57iwatermark pro2マニュアル